Skip to main content Skip to Footer

LEADERSHIP


工藤 卓哉

アクセンチュア・アナリティクスを率いるデータサイエンティスト

プロフィール

Accenture Data Science Center of Excellence グローバル統括 兼
アクセンチュア アナリティクス 日本統括 マネジング・ディレクター

「アナリティクスは、企業の経営や政策制度の設計に携わる皆さんが、より高い精度で迅速に正しい意思決定を下せるように、科学的で客観的なアプローチのよりどころとして戦略的な役割を担います。アクセンチュアは、探索的データ解析にモデリングを融合させるとともに、人工知能の競争優位性と人間の英知を最適な形で組み合わせることで、皆さんの課題ごとに個別に設計したアプローチを提供できることが特長です」

工藤は、日本において企業や行政機関に対する戦略コンサルティングの経験を積むとともに、アナリティクスの最先端をいく米国政府の現場でその実践を主導してきたデータサイエンティストです。

1997年に慶應義塾大学 商学部を卒業後、アクセンチュア株式会社に入社。経営コンサルタントとして、製造・流通、通信・メディア・ハイテク、金融、エネルギー、医療・公共サービスなどの分野のプロジェクトに従事しました。多変量解析を活用し、デジタルマーケティング戦略、パフォーマンスマネジメント、M2Mデータ解析最適化戦略、O2O情報戦略、CRM戦略やマーケティング戦略、顧客情報戦略を立案。企業・行政機関の分析力の高度化や見える化で実績を残しています。

2004年にアクセンチュアを退職し、米コロンビア大学に留学。大学院で国際公共政策を学び、修士号を取得しました。在学中にニューヨーク市の公衆衛生医療政策局の副長官からスカウトを受け、卒業後は米国政府の職員として、ブルームバーグ政権下の同市で統計ディレクターなどを歴任しました。また、在職中の2010年には、米カーネギーメロン大学の大学院で情報技術の修士号を取得しています。

工藤が日本に帰国した契機は、2011年3月11日に発生した東日本大震災でした。当日、ニューヨーク市庁舎の執務室で震災の発生を知り、後日、CNNが報じた被災地の映像を見たことがきっかけとなって「自分ができることで日本に1つでも貢献したい」と帰国を決意。アクセンチュア株式会社に復職しました。(詳しくは、ダイヤモンド・オンラインの寄稿記事をご参照ください)

帰国後、工藤はアクセンチュアのテクノロジーコンサルティング本部 アナリティクス インテリジェンス グループ統括として活動。2013年6月にアクセンチュアの全世界組織であるアクセンチュア・アナリティクスの日本総括に就任しました。「日本をより良くするために、アナリティクスを効果的に使う」ための支援を業界横断的に提供するとともに、データサイエンスやIT関連イベント、学術機関などでの講演・講義を数多く受け持つ他、雑誌やオンラインメディアにも多数の寄稿があります。また、週末には宮城県石巻市などの被災地に赴き、精力的にボランティア活動を行っています。

メディア掲載・講演記録