調査レポート

概略

概略

  • 本調査レポートでは太陽光発電事業者が直面している課題に加え、メガソーラー発電事業を新たなステージへと引き上げるために必要なアプローチを明らかにしています。
  • 断片化されたバリューチェーンと拡大する開発規模を見ても、メガソーラー発電はデジタルトランスフォーメーションが最も期待される分野です。
  • 本調査を通じて、太陽光発電事業のポートフォリオ拡大を実現するために6つの主要テーマと関連する重要な機会を特定しています。
  • 発電事業者はデジタル分野に適切に投資することで、効果的な機会を適切にとらえて、新たな価値と優れた成果の創出につなげることができるでしょう。


太陽光発電は世界で最も飛躍的な成長を遂げている発電技術のひとつで、平準化発電原価(LCOE)も着実に低下してきています。太陽光発電事業は比較的参入の障壁が低く、開発プロジェクトの様々なプロセスで複数の企業が参入と撤退を繰り返す極めて競争が激しい市場です。そのためプロジェクトやプロセスごとに運用モデルと投資手法が乱立しているといった状況が生じています。

太陽光発電事業者にとって最も重要なビジネス課題は、メガソーラー開発の各プロセスにおける様々な変化とステークホルダーを考慮した上で、目標とするコスト、スケジュール、LCOEを達成するためのエンドツーエンドの開発プロセス管理を実現することです。

アクセンチュアは、太陽光発電事業者が直面している課題に対処するとともに、デジタル化を推進して太陽光発電開発を成功に導くために必要なアプローチを明らかにしました。

メガソーラー発電事業を成功に導くために

次世代のメガソーラー発電事業を成功に導くために重要な6つのテーマについて動画で解説しています。

トランスクリプトを読む

成功に導く6つの主要テーマ

本調査レポートでは、大規模太陽光発電開発事業者とエンジニアリング、調達、建設(EPC)の各事業者から得たインサイトを含む一次および二次研究に基づいて、現行プロジェクトにおける開発アプローチと課題、さらなる改善の機会を明らかにしています。

アクセンチュアは分析を通して、太陽光発電事業のポートフォリオ拡大を実現するために重要な6つの主要テーマと関連する重要な機会を特定しました。

テーマ1

デジタルを駆使したエンドツーエンドのアプローチの必要性

テーマ2

フロントエンドデータとアナリティクスを生かしたLCOEの最適化

テーマ3

パートナー管理に不可欠なクラウドベースのコラボレーション

テーマ4

ロボティクス、サプライチェーン、デジタルワーカーを含むデジタルコンストラクションへの投資

テーマ5

規制に対するコンプライアンス強化 とサイバーセキュリティに対するレジリエンスの向上

テーマ6

O&Mが設計とLCOEに及ぼす影響を 評価

全て見る

デジタル分野に適切に投資することで、6つの主要テーマに効果的に対処するとともに、関連する機会を適切にとらえることができるようになります。アクセンチュアは、太陽光発電事業者が6つのテーマに取り組むにあたり効果を最大化するために有効な、「案件およびポートフォリオ管理」「LCOEの最適化」「設計および契約管理」「現場レベルの業務遂行」「衛生・安全・環境(HSE)」「サプライチェーン管理」「サイバーセキュリティ」「エンドツーエンドのポートフォリオおよびプロジェクト管理」の8つのデジタルケイパビリティを定義しています。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで