人工知能(AI)、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、ヴァーチャルリアリティ(VR)といった急速に進化を遂げるテクノロジーが、私たちの働き方や暮らしに変化をもたらそうとしています。

オラクルのテクノロジーはこうした変化の中核を担っており、ビジネスの在り方をも一変させようとしています。

これにより、企業に求められる責任範囲も広がっていくでしょう。Accenture Technology Vision for Oracle 2018では、今後3年間で企業がテクノロジーによっていかに社会に影響を及ぼすようになっているのか、5つの最新トレンドとして取り上げます。また、それぞれのトレンドにおけるオラクルとの関わりについてもご紹介します。

アクセンチュアとオラクルは、クラウドを活用したインテリジェント・エンタープライズへの変革を支援しています。

「オラクル製品の活用により、より良いビジネスパートナーシップを構築し、企業のパフォーマンスを向上させることで、今までにない企業成長を実現することができるでしょう。」

ーテリ シュトラウス、シニア・マネジング・ディレクター、オラクルビジネスグループ

Accenture Technology Vision for Oracle 2018

今年のAccenture Technology Visionでは、企業がテクノロジーによっていかに社会に影響を及ぼすようになっているのか、5つの最新トレンドとして取り上げます。そして、オラクルの卓越したデータベースや、継続的なデジタルテクノロジーへの投資が、いかにこれらのトレンドの中核を担っているかをご紹介します。

トランスクリプトを見る

今年のTechnology Visionのメインテーマ、5つの最新トレンド、そしてオラクルのテクノロジーがいかにそれらの中核を担っているかをご紹介します。

RELATED: Accenture Technology Vision for Oracle 2018
RELATED: Accenture Technology



トレンド1 ー AIを「市民」に

AIが能力を高め、暮らしに与える影響力が強まるにつれて、企業は自社のAIがもっと適用力を持ち、社会における生産的な一員として行動できるように“育てる”ことが必要です。

アクセンチュアとオラクルは、チャットボットや予測分析による意思決定といったAIを活用した顧客向けサービスの高度化を支援しています。

トレンド2 ー 拡張現実

仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などの技術が、人とのつながり、情報や経験を得る際の距離を取り除くことで、暮らしや働き方を変革しようとしています。

アクセンチュアとオラクルは顧客体験を向上させる最新の没入型のケイパビリティを提供しています。

トレンド3 ー データの信憑性

データを活用して自らを変革する中、企業は新たなタイプの脆弱性に直面しています。正確性を欠くデータや恣意的に操作されたデータ、偏ったデータはビジネスインサイトの腐敗につながり、歪められた意思決定は社会に多大なる影響を及ぼします。

アクセンチュアとオラクルは、Data as a Serviceや自律型クラウド・プラットフォーム・サービスを活用することで、お客様企業の取り扱うデータの正確性を高め、顧客との関係性を向上させます。

トレンド4 ー 摩擦ゼロ・ビジネス

企業の成長はテクノロジーをベースとしたパートナーシップにかかっています。しかし、従来の経営システムは大規模なパートナーシップに対応するようにはできていません。社会との融合を強め、最大限に力を発揮するために、企業はまず自らを再構築しなければなりません。

アクセンチュアとオラクルは、ブロックチェーン技術を活用した市場開拓を支援する製品を提供することで、従来のシステムのアクセシビリティとライフタイムを向上させます。

トレンド5 ー インターネット・オブ・シンキング

企業はロボティクスやAI、没入型体験などを活用し、インテリジェントな環境下で大きな賭けに出ようとしています。しかし、こうしたインテリジェント環境を実現するためには、自社のインフラを拡張し、目指すべきダイナミックな実環境にしていく必要があります。

アクセンチュアとオラクルは、IoTや次世代クラウドコンピューティングの領域への投資により、インテリジェントな分散環境の創造を支援します。

お問い合わせ

Meet the team

Subscription Center
Stay in the Know with Our Newsletter Stay in the Know with Our Newsletter