調査レポート

概要

概要

  • 技術導入を成功させる上で、組織のビジョンや文化はとても重要な要素ですが、それだけではなく、外部要因(エコシステム、人材プールや技術への産業投資状況など)について目を向けることも重要です。
  • 本レポートでは、外部要因やバリュートリガー(価値創造の誘因)等を分析するための新たなモデル・ツールを提示しています。それらを活用することで、組織はデジタル技術への投資に対する効果を最大化することができると考えています。
  • 本レポートで提示する外部要因の分析をベースとした技術ロードマップにより、組織が技術統合や変革を行うための計画策定や実行を支援します。
  • バリュートリガーを1つでも軽視すると、大きな損失につながります。本レポートでは各技術についての外部要因をそれぞれのトリガーを軸に評価をし、デジタル技術から最大限の価値を引き出す枠組みを提示します。


最先端のデジタル技術がビジネス戦略にプラスの影響を与えることを望むだけではデジタル変革を成功させることはできません。誤った技術に投資することは財務的にも戦略的にも大きなリスクを伴い、正しい技術の組み合わせは変革と創造的破壊をもたらします。 組織が、技術をうまく組み合わせ、導入していくにはどうしたら良いでしょうか?

アクセンチュアは、組織のデジタル技術導入の実態についての調査を行い、以下に挙げる、技術導入による価値を最大化する上で鍵となる5つのバリュートリガーと、そのトリガーを基にした 評価指標「Accenture Digital Dividends Diagnostic」を特定しました。

5つのバリュートリガー

人材の準備

当該技術に関して、既存の労働力だけでなく、特定の技術スキルを有する人材の現在の需給状況にも注目

資本の充実度

当該技術に関して、ベンチャーキャピタルの投資状況や過去3-5年のM&A数などを検証

エコシステムの成熟度

当該技術に関する標準・プロトコル有無やその有効性、および技術発展の為に設立されたコンソーシアムやスタートアップ数などを分析

技術の浸透度合い

当該技術を用いて構築されたユースケース、アプリ数、関連製品・サービスへの投資状況、経営幹部の見解などを検討

潜在的価値

当該技術によりもたらされるコスト削減の可能性と時価増額増加の潜在的価値を検証

評価指標:Accenture Digital Dividends Diagnostic

アクセンチュアは、昨年発表した調査「技術の組み合わせが鍵(Combine and Conquer)」により明らかになった、成功を導く組み合わせを構成する5つの技術(人工知能(AI)、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、ビッグデータ分析、ブロックチェーン、ロボティクス)に焦点をあて、バリュートリガーを特定し、その各トリガーをいくつかの関連要素に分解しました。

各種業界レポートや調査をもとに、16のサブ要素にわたる5つの技術について5段階のスコアリング評価を行いました。フルレポート(英文)には、 5つの技術(人工知能(AI)、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、ビッグデータ分析、ブロックチェーン、ロボティクス)についての評価結果詳細を掲載しています。

最大限の価値を引き出すために

適切なデジタル技術を組み合わせ、バリュートリガーを分析できている組織は、デジタル投資に得られる恩恵や価値を最大化することができるでしょう。デジタル化による投資対効果(ROI)を最大化することは、大幅なコスト削減と高度にパーソナライズされた製品・サービスの提供につながります。
デジタル技術を最適に組み合わせ活用できている「インダストリーX.0企業」は、売上・収益を向上させる新たなビジネスモデルを構築でき、新なたな成長を実現します。
技術の価値を最大限引き出すためには、その技術をめぐる状況をしっかりと把握することが不可欠です。本レポートで提示している評価指標「Accenture Digital Dividends Diagnostic」は外部要因の評価を可能にし、デジタル技術から最大限の価値を引き出すための枠組みを提供します。

英語版のフルレポートはこちらからダウンロードいただけます。
より詳細のお問い合わせやご相談はこちらにご連絡ください。

Subscription Center
Stay in the Know with Our Newsletter Stay in the Know with Our Newsletter