2020年金融機関の組織・人事を占う
~ワーク・シフトの具体化へ

2019年はコスト構造改革とDX・デジタル人材育成が各社で進められた。

働き方改革の流れは、RPA*導入からさらに踏み込んだコスト削減・構造改革へとつながり、各金融機関では今後のサステナブルな成長に向けて必要な職種と要員数を見極め、採用の見直しや既存社員のリスキル・リソースシフトを進める必要性が明確となってきている。

2020年は構造改革が進み、新たな人材・組織の強化と活用の動きが加速することが考えられる。従業員一人ひとりの役割の変化や体制への影響を受けて各社が取り組むべきことについて、考察とアプローチを解説したい。


*RPA= Robotics Process Automation

堆 俊介​

​​​金融サービス本部
人材・組織コンサルティング統括
マネジング・ディレクター​

関連コンテンツはこちら


Subscription Center
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで