クラウドへのニーズにお応えするAABGの最新トピック

2015年10月にアクセンチュアとアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)がアラインした「アクセンチュア AWS ビジネス・グループ(以下AABG)」が発表されてから約2年半が経過した。この約2年間は「SMACS」に象徴される新しいデジタルの波が世界中の企業や組織に急激な速度で押し寄せた期間であったといえるだろう。

アクセンチュアが提唱する“New IT”も市場に浸透しつつあり、特にクラウドについては、部門・部署単位やサービス単位などでの限定的な利用から、基幹系システムや情報系システムをまるごとクラウドへ移行する企業が登場するなど、エンタープライズ規模での利用促進が進んでいる。

そうした市場や社会の変化の中でAABGはどのように発展し、また将来のクラウド市場の変化や大企業のクラウド活用の変化を予測しているのだろうか。AABGのキーパーソンに話を伺った。

Accenture AWS Business Group

(左)AWSジャパン 相田哲也氏 (中央)アクセンチュア 関良太 (右)AWSジャパン 野間俊史氏

Go-To-Marketチームをグローバルで再編成。お客さまの変革をより力強く支援

――AABGの最新状況やトピックなどを教えてください。

2015年10月にAABGが発表された時点では「グローバルでの協働」というビジョンが大きく掲げられましたが、当時はまだサービスが2種類しかなく、やや市場を先取りした内容となっていました。
しかしこの2年半で市場や社会は大きく変化し、クラウドは“使って当たり前”の存在となりました。特に大きな変化としては、業種・業界に隔てなく、大企業がエンタープライズのシステムをクラウドへ移行するケースが増えたことが挙げられます。
AABGでは、さらなる積極的な普及促進や提案活動の強化を目的として、現在は大きく2つのテーマが進行しています。
1つ目は、グローバル規模でGo-To-Market(市場開拓)のチームを組織化したこと。
2つ目は、サービスメニューの刷新と大規模な拡充です。

――1点目の組織について詳しくお聞かせください。

グローバル全体の戦略は、アクセンチュアとAWSの最高レベルの経営層がワンチームとなって策定します。これはAABG発足当時と変わりありません。
大きく変わったのは、グローバルの下に「北米」「ヨーロッパ」「インド+ASEAN」「日本」のリージョンごとにGo-To-Marketチームが組織され、それぞれ責任者が任命されたことです。
日本を独立したチームとして編成していることからも、アクセンチュアが日本市場を特に重視していることがおわかりいただけると思います。日本リージョンの責任者(GTMリード)として、私が日本のAABGのビジネスを引っ張っていきます。

――2点目のサービス内容の変化についてはいかがでしょうか。

サービス開発はAWSと共同で行っています。もちろん、アクセンチュアの知見やノウハウが盛り込まれた独自性の高いものとなっています。
サービスは「エンタープライズ・トランスフォーメーション」と「デジタル・トランスフォーメーション」の2種類に大きく分類されます。(※図1参照)

関 良太

アクセンチュア
クラウド推進事業本部​
シニアマネジャー


相田 哲也氏

AWSジャパン
パートナー アライアンス本部 コンサルティング パートナー部 部長


野間 俊史氏

AWSジャパン
パートナー アライアンス本部 ストラテジック アライアンス マネージャー

関連コンテンツはこちら


Offering: オファリング。AABGが提供するソリューションの単位
Capability: ケイパビリティ。AABGが有するスキルセットの単位
Play: プレイ。オファリングとケイパビリティの集合体
(図1 2018年現在サービスメニュー全体像)

エンタープライズ・トランスフォーメーションはAWSによる全社的な変革推進のためのサービスです。この中にはクラウド戦略立案セキュリティ強化SAPの導入等に関するものが多く含まれています。
デジタル・トランスフォーメーションは、AWSの「クラウド・ネイティブ・デベロップメント」や「Industry X.0 on AWS」「Applied Intelligence on AWS」といったNew ITを活用する基盤としてAWSを利用するためのメニューが揃っています。
特徴的なものとして、「Industry Solution Enabled」が挙げられます。これは業種・業態に特化したサービスの総称です。
お客さまの業種・業態を熟知していることはアクセンチュアの強みの1つ。お客さまの業務について深く理解しているからこそ、お客さまの経営課題の解決につながるソリューションをご提供可能なのです。

市場ニーズに合わせたソリューションを提供するアクセンチュアとAWS

――AABG発足から2年、アクセンチュアとAWSのパートナーシップは今後どのように発展していくのでしょうか。

相田 AWSとしては、アクセンチュアが日本市場を独立したマーケットとして捉えていることに、強い本気度を感じます。日本の市場開拓を担っているAWSジャパンとしても、AABGの体制強化が非常に心強いものであることは間違いありません。
日本市場においてもAWSのエンタープライズでの利用が普及しており、この勢いが衰えることはないでしょう。2015年のAABG発足から最近はアクセンチュアが日本のお客さまの優先度を上げてきているのを実感します。
AWSはあくまでサービス基盤のプロバイダーですので、関さんがおっしゃるように、お客さまの業種・業態に向けて尖ったサービスの開発をアクセンチュアがリードしてくれることは非常にポイントが高いと感じています。

野間 従来は、お客さまの個々のニーズに合わせた個別的な提案が主体となっていました。しかし今後はよりチームとして機能し、包括的な提案ができることを期待しています。
今年、ソリューションのさらなる最適化が可能な体制を構築できたことを、強くアピールしていきたいです。

相田 オファリングを受け止められる体制づくりも、アクセンチュアは急速に強化していますね。
国内も含めたクラウドのエンジニアの増員やトレーニングが進んでいて、“攻め”の姿勢が感じられます。

お客さまと、アクセンチュアと、AWSのエコシステムで、全社規模のクラウド導入の成功へ

――アクセンチュアが提唱している「クラウド・ジャーニー(Journey to Cloud: J2C)」のなかで、AABGの取組みはどのように位置づけられているのでしょうか。

従来のクラウド利用は、クラウドとの相性が良さそうな部分やシーンで限定的に利用する、いわば“つまみぐい”のようなフェーズでした。
しかし現在ではフェーズは変わり、全社規模でクラウドの利用計画を立案し、計画的に実行していく取組みが増えています。これは難易度の高い施策ではありますが、その分、成果のリターンが大きいものでもあります。
旧来型のIT変革には限界があります。企業はデジタル化やセキュリティ強化、ガバナンスやコンプライアンス強化といったテーマを含めながら、ビジネストランスフォーメーションをしなければなりません。
これはお客さま単独ではもちろん、アクセンチュア1社だけではうまくいかず、AWSだけでも困難なことです。クラウド・ジャーニー(J2C)は、各社の強みを持ち寄り、1つのエコシステムを形成しながら成果を享受していこうという考え方をしています。

――J2Cに基づいてクラウドを導入している事例などはありますでしょうか。

はい、近年では大手金融機関のお客さまがAWSの全社規模での導入を決めるなど、大型の事例が登場し始めています。
お客さまがAWSという成長エンジンを使って飛躍的成長を遂げるために、取り組むべきトピックは非常に増えていますし、ITリーダーの方々の期待値が高まっていることも強く感じます。
アクセンチュアとAWSには、世界中でお客さまへサービス提供を行っている実績と経験という強い武器があります。導入を成功させ、成果を得るための方法論だけでなく、「ITリーダーは何をしなければいけないのか」「何から取り組むべきなのか」といったテーマに対し、実体験に基づく具体例をお話しできます。
エンタープライズ規模のクラウド導入をお考えであれば、ぜひアクセンチュアとAWSにご相談いただきたいと思います。

方法論だけでなく事例紹介も充実。AWSサミット東京・大阪

――最後に、2018年のAWSサミット東京・大阪の見どころを教えてください。

相田 AWSサミットは世界各地で開催されるグローバルイベントですが、日本では今年から大阪開催が新規追加されました。
大阪開催では、関西を拠点とするお客さまに多数ご登壇いただく予定です。AWS利用を検討中のお客さまがクラウド導入するうえでのコツや学びを得る機会になればと考えています。

野間 特に昨今は、抽象的な解説だけでは語りきれないフェーズに入りました。どのような業界のどのようなお客さまが、どのような施策をしているのか。どのようにパートナーを選んでいるのかなど、深く、細かく、業界ごとの講演をお聞きいただけるでしょう。
そしてお客さまが自社のJ2Cをどう進めていくべきかのヒントにしていただければと思います。

相田 AWSサミット東京と、AWSサミット大阪では、講演内容や登壇者など、プログラム構成が異なりますので、見どころもたくさんご用意しています。

アクセンチュアも2月に大阪オフィスをリニューアルしました。アクセンチュアのクラウド関連サービスはデジタル、テクノロジー、オペレーションズが三位一体で“on AWS”となっているのが特徴です。
お客さまのニーズに対して、全方位的なソリューションをご提供可能なのはアクセンチュアだけだと自負しています。
AWSサミット東京・大阪でも最上位スポンサーとして、デジタルマーケティングやIoTなど、様々なソリューションや活用事例をご紹介いたします。
ITリーダーの方々だけでなく、経営企画部門などの方にもぜひご覧頂きたい内容となっています。

――ありがとうございました。

Amazon目黒オフィスにて


Subscription Center
Stay in the Know with Our Newsletter Stay in the Know with Our Newsletter