調査レポート

概略

概略

  • 大規模な変化に直面する化学業界では、創造的破壊にともない新たな課題および可能性が生じています。
  • 本レポートでは、事業革新に向けた推進力、トレンド、組織的なアプローチに加え、企業の成長を促進するための新たなインサイトについて詳しく解説します。
  • 市場の変化に迅速に対応し、顧客にとって有意義な存在であり続けるために、市場の競争を勝ち抜くにあたって必要になるバリュードライバーと積極的な取り組みについて紹介します。


化学業界の現状

表面的には世界的に好調傾向を維持している化学業界においても、破壊的な変革にともないあらゆる面で変化が生じています。

また、水面下には様々な課題があり、リスクが顕在化しつつある中で、川下市場およびサプライチェーンでは大規模な変化が起きています。より持続可能な原材料を求める化学業界の巨大なエコシステムは安定感を失っており、多くの市場が抜本的な転換を迫られています。加えて、世界的なメガトレンド、マクロ経済、いわゆる「アマゾン効果」による顧客の期待値の変化なども影響し、既存のビジネスモデルは危機に直面しています。

企業は創造的破壊に備えて適応力と敏捷性を強化することで、脅威をチャンスに変えることができます。破壊的な影響を常に精査して検証するためには未来を見定める視点が必要となり、独創的なアイデアと新しいデジタルケイパビリティを駆使して、化学業界にイノベーションをもたらすことが重要になります。

新たな分野における変革:化学業界の成長促進

トランスクリプトを読む
ビジネスリスクを予測し変化に備えるとともに、創造的破壊をメリットに変えるには?

4つの創造的破壊

本レポートでは業界に重大な影響を及ぼすと考えられる、4つの創造的破壊のトレンドについて詳しく解説します。これらを見極めることで、最も効果的な分野に注力した設備投資、ビジネスモデル、イノベーションが可能になります。

  1. サーキュラーエコノミー:「資源の投入、生産、廃棄」(take-make-dispose)モデルから、継続的なリサイクル、リユース、持続可能性に配慮した化学分子および化学製品への移行。

81M

プラスチック製品のリサイクルを進めることで、2030年までに削減可能なポリマーの年間消費量。

  1. 消費者主導型製造モデル:テクノロジー対応型の製造手法へ転換することで、変化する消費者ニーズに合わせて、「何を、どこで、どのように」という観点から生産アプローチを刷新。

46拠点

3Dプリンティングの需要拡大を受け、2040年までに必要が見込まれる従来型のポリマー工場数。

  1. 川下業界のデジタル化:エンドツーエンドの透明性、高精度の予測、リアルタイムな価格設定、パーソナライズされた製造を可能にすることで利益を最大化。

$550Bn

化学業界がデジタル化によって、今後10年間で拡大可能な利益。

  1. デジタルタレントの育成:AIおよびスマートマシンによる業務改革が進む中、優秀な人材を採用し維持するための新たなワークフォースモデルの必要性。

47%

化学業界で2030年までに自動化が予想されるマニュアル業務の割合。

新たな分野で勝ち抜くために化学企業に求められる改革

創造的破壊における変革を有利に進めるためには、テクノロジー、ポートフォリオ、ビジネスモデルの刷新が必要です。ビジネスケースでも明確に示されていますが、アクセンチュアが実施した最新の調査によると、EBITが10%の平均的な化学企業では、転換を通じて損益を3~6%向上させ、大幅な収益拡大が期待できることが明らかになっています。

Accenture Chemicals

新たな分野における変革:化学業界の成長促進

00:00 / 00:00

成功を収めるために

新たなケイパビリティを主要な成長基盤として導入するうえで、カギとなるのはコネクティビティとデータドリブン型インテリジェンスです。

消費者主導型サービスへの移行

製品を消費する顧客や仲介業者の枠を超え、新たな視点を持つことで差別化を図り製品やサービスの訴求力を向上させることが重要です。

影響力の拡大

サービス内容を見直し顧客エンゲージメントを高めるとともに、強力なブランドアピールと説得力のある目標を明示して、優秀な人材を獲得・維持できるよう職場を活性化しましょう。

コラボレーションの促進

サイロ化した組織から脱却することで、スマート製品の共創やオープンイノベーション、知識共有を促進して、エコシステムのパートナーシップを拡大しましょう。

インテリジェンスの強化

最新テクノロジーを採用することで敏捷性、スピード、スマート性を高めると同時に、コスト効率およびデータ価値を最大化するためにアナリティクスを活用しましょう。

循環性の向上

新たなビジネスモデルを通じて分子のライフサイクルを管理し、川下業界の循環性を高めて新しい価値を創出することが重要になります。

全て見る

新たなビジネスモデルの構築

化学業界の発展にともない、新たに5つのビジネスモデルが主流になると予想されます。企業は新しい環境のもとで、最高のパフォーマンスを発揮できる方法と分野を見極めることが重要です。

  1. サプライコネクター:製造アセットを殆どまたは全く持たず、オンラインのダイレクトセリングや流通によって化学製品およびサービスを提供する。
  2. アウトカムプロバイダー:クライアントの課題やニーズに対応した製品やシステムを開発して、課題を価値のある命題に転換する。
  3. 製品スチュワード:柔軟な世界規模のサプライチェーンを用いて複数の分子を生産することにフォーカスし、製品を速やかに市場に届けるとともに消費後にリサイクルすることでループを完成することを目的とする。
  4. エコシステムイノベーター:複数のパートナーから成る大規模なビジネスエコシステムを活用し、様々なテクノロジーを駆使して新製品およびサービスを共同開発し商品化する。
  5. ポートフォリオオーケストレータ:企業買収やダイベストメントを通じて、コアテクノロジー、コンピテンシー、化学関連などの相互関係を持つ多角経営企業として活動する。

可能性を活かすために

本レポートを活用して、競争を図るべき分野、刷新が必要なケイパビリティ、可能性を最大化するための取り組みを見極めましょう。

積極的に取り組みを推進する企業の前には大きな可能性が広がっています。今が最大のチャンスです。

大規模な創造的破壊の時代をリードして成功を引き寄せましょう。

レイチェル・バーテルス

アクセンチュア化学天然資源業界シニアマネジング・ディレクター


ポール・ヤツェク

アクセンチュア化学天然資源業界リサーチ・プリンシパル


バーンド・エルサー

アクセンチュア化学天然資源業界マネジング・ディレクター


ヴィジャイ・サラシー

アクセンチュア化学業界北米統括マネジング・ディレクター

関連コンテンツはこちら


Subscription Center
ニュースレターを読む ニュースレターを読む