Skip to main content Skip to Footer

消費財市場で競争に打ち勝つゼロベース予算

継続的なコスト管理で収益性の改善への再投資を実現

概要

「成長」は業種を問わず、すべての企業に課せられた永続的なテーマの1つです。企業のCEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)およびCOO(最高執行責任者)は、絶え間ない経営環境の変化の中で、コスト増やグローバル化、競争の激化、EBITDA(減価償却前営業利益)の縮小による持続的な競争力の発揮が極めて重要であることをよく理解しています。とはいえ、競争に打ち勝つための俊敏性は1度の努力で獲得できるものではありません。また、俊敏性は単なるコスト削減、節約を意味するものでもありません。企業は成功という目標の達成に向けて、削減されたコストを競争優位性と収益性の改善を加速するために効果的に再投資しなければならないのです。

企業は以下のステップを踏むことによって、競争に打ち勝つための俊敏性を獲得することができます。

  • ビジネス戦略に基づいた、より効率的な経営モデルを構築する。

  • プロセス・エクセレンスを全社に浸透させ、効率性の改善を図る。

  • 先進的な能力を開発し、競合との差別化を図る。

全文をPDFで読む [PDF, 710KB]

クローズドループ型のコスト管理

クローズドループ型のコスト管理:成長のための原動力

クローズドループ型のコスト管理を導入することにより、企業は長期的なコスト削減を持続するために必要な財務能力と調達能力を獲得することができます。このアプローチによって、部門/部署、製品/サービス・カテゴリー、さらに拠点を横断して、詳細なレベルであらゆるコストを100%把握することができるほか、新たな価値の創出と成長の加速を後押しする精度の高い支出管理が可能になります。

クローズドループ型コスト管理の主要な構成要素は以下の通りです:

  • 透明性

  • アカウンタビリティ

  • 俊敏性

 

全文をPDFで読む [PDF, 2.38MB]

ゼロベース予算

戦略的なコスト管理による、競争優位性と成長の向上

消費者向けのパッケージ商品(CPG)メーカーは従来から、製造/パッケージングの過程で生じるコストの削減に取り組んできました。また間接費の圧縮にも注力していますが、長期にわたる持続的なコスト削減は実現できておらず、1、2年後には再びコスト増に見舞われるケースが多く見られます。では、勝者と敗者を隔てる要因は一体何なのでしょうか。勝者の敗者の違いは、支出を100%把握し、年間を通じてゼロベース予算(ZBB:ZERO-BASED BUDGETING)を実践し、企業全体にコスト管理の文化を浸透させている点にあります。CPGメーカー2社におけるコスト管理手法について解説します。

「ゼロベース予算(ZBB)は新たな価値の創出が見込めない領域の予算を削減し、競争優位性につながる領域に向けた積極的な再投資を可能にします」

成長への再投資

Mondelez International(モンデリーズ・インターナショナル):ゼロベース予算で10億ドルのコスト削減を達成

モンデリーズ・インターナショナルは、高い成長を維持していましたが、営業利益率は同業他社より低く、改善が必要でした。そこで同社は、厳しさを増す経済環境のなかにあっても、今まで以上に効果的に競争力を発揮できるよう、ゼロベース予算システムの構築をアクセンチュアに依頼。両社は連携して大々的な企業文化の変革に取り組み、間接費を抑えることで、営業利益率を向上させ、成長のための再投資を可能にしました。

モンデリーズ・インターナショナルの事例を詳しくご紹介しています。こちらもご覧下さい

ゼロベース予算(ZBB)とは

インフォグラフィックで学ぶゼロベース予算(ZBB)

ゼロベース予算(ZBB)は、前年の実績がベースとなる従来の予算策定の手法とはまったく異なるアプローチです。ZBBを導入することにより企業は、投資額1ドル毎にその妥当性を判断しながら、毎年ゼロから予算を組むことができます。この手法が企業文化に変化をもたらし、効率的かつ継続的なコスト削減を通じて、削減分されたコストを成長のためのイニシアチブへ再投資することが可能になります。ZBBのアプローチによって、消費財メーカーは不安定な市場環境に俊敏に対応できるようになるのです。

インフォグラフィックでゼロベース予算(ZBB)の特長を見る [PDF, 416KB]

関連コンテンツ