Skip to main content Skip to Footer

中国の消費者心理をつかむ

アクセンチュアは中国における消費動向に関して調査を実施しました。本調査は、急速な消費者行動の変化が企業活動に与える影響に関する洞察を提供します。

中国における消費者の知識と行動は急速に変化しており、企業が消費動向の変化を追うことが極めて困難な時代になりつつあります。

アクセンチュアによる最新調査は、急速な消費行動の変化がもたらす企業活動への影響に対する洞察を提供します。また、本調査は流動的な事業環境であっても、中国の消費者心理をつかむ努力をしている企業には大きなオポチュニティーが存在していることを示しています。


急速に変化する消費動向への対応
中国市場で事業を展開している企業にとって、顧客洞察へ投資を行うことは必要不可欠です。主要なブランドのほとんどが既に中国で事業展開しており、消費者は膨大な選択肢に溢れた日常に接しています。このため、消費者そのものと彼らがどのように購買の意思決定を行うかを正確に理解することにより競争優位を築くことが可能です。

中国における消費者行動、嗜好、期待の変化について新たな洞察を得るために、アクセンチュアは2011年から2012年に亘り、都市部の中間所得者層(2011年300人以上、2012年500人以上)を対象に二度の調査を実施しました。

調査結果はアクセンチュアが以前に行った中国における消費者市場の力学変化の調査結果を裏付けただけでなく、中国企業や多国籍企業が事業を拡大し成功を収めるために活用可能な5つの動向を浮き彫りにしています。これらの動向は消費者の購買アプローチがどのように変わったのかを示しています。

(関連リンク)