Skip to main content Skip to Footer

CLIENT CASE STUDY


TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクトが始動

外国人旅行者への無料Wi-Fi提供や、先進のビッグデータ分析基盤「Ideal Insight」による行動経路の分析で国内インバウンドビジネスの活性化を目指すその内容を紹介します。

概要

Wi-Fiとビッグデータ基盤で訪日外国人向けサービスを革新へ

アクセンチュアはワイヤ・アンド・ワイヤレスと協業し、日本を訪れる外国人旅行者への無料Wi-Fiサービスの提供、旅行・観光に役立つお薦め情報の配信、そして国内インバウンドビジネスの活性化を目指す「TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクト」を始動しました。両社が共同開発した先進のビッグデータ分析基盤「Ideal Insight」を適用したもので、インバウンドビジネスに取り組む企業や自治体が訪日外国人の行動パターンを先読みした新しいサービスを実現できるよう、支援します。

日本に張り巡らされた無償Wi-Fiが“価値創造”のフェーズへ
ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は2014年12月、アクセンチュアのほか、訪日外国人観光客をターゲットとしたインバウンドビジネスの活性化を目指す企業や自治体と共同し、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトをスタートしました。

このプロジェクトは単にWi-Fiのエリア整備を目的としたものではありません。Wi2の大塚浩司代表取締役社長は「参画するパートナー団体がWi-Fiによるフリーのアクセスポイントを通じて、お客様(訪日外国人)に対する最良のおもてなし(情報提供やそこから派生するユーザー体験)を可能とする、価値創造へのフェーズに変えていくための取り組み」とその狙いを語っています。

具体的には次のような特徴を柱とした機能を、TRAVEL JAPAN Wi-Fiは提供します。

  1. 日本全国約24万カ所のWi-Fiスポットを訪日外国人旅行者に無料で提供
  2. 訪日外国人の旅行に役立つクーポンや観光案内などの“おもてなし情報”を配信
  3. 訪日外国人の行動経路をビッグデータ分析したレポートをパートナー団体に提供、各団体が訪日外国人に向けたサービスをさらに磨き上げることを後押し

ユーザー(訪日外国人)はApp StoreGoogle Playなどのアプリストアからスマートフォン用の専用アプリをダウンロード。さらにパートナー団体のWebサイトや観光案内所などから取得したプレミアムコードを入力すると、上記(1)の通り20万個所以上の無料Wi-Fiスポットが自由に利用できます。この無料Wi-Fiスポットから取得した位置情報や時間情報に基づいて、旅行や観光に役立つお薦めサービスや製品、クーポン、ポイント特典などの情報が、パートナー団体からユーザーのスマートフォンに提供される仕組みです。

Wi2とアクセンチュアらパートナー団体が2014年12月11日に東京都内で共同記者会見を開催し、「TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクト」について発表しました。

アクセンチュアの支援内容

ビッグデータ解析レポートでサービスに磨きをかける
TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクトの根幹を支える分析サービス基盤となっているのが、アクセンチュアとWi2が共同開発し、2013年11月に発表された「Ideal Insight(アイディール インサイト)」です。

これは、全国に張り巡らされたWi2のWi-Fiアクセスポイントからリアルタイムに生成される位置情報データを収集・匿名化する位置情報基盤と、アクセンチュアが開発したクラウドベースのビッグデータ分析基盤を組み合わせたもの。Apache Hadoop V2やApache Spark、Cloudera Impalaなどの最新オープンソースソフトウェア(OSS)技術を活用することで、大規模なデータセットの処理を実現するとともに、データに基づいたインサイトをリアルタイムに提供することが可能になりました。

これにより、特定集団としてとらえたWi-Fiユーザーの趣味し好や行動パターンを推測。さらに継続的なデータ蓄積によってその精度を高めていくことで、ユーザーの潜在的なニーズにも応えられる情報を、ユーザーにとって最適なタイミングで、企業や自治体などが提供する公式アプリを通じてレコメンド配信できるようになります。またこの分析サービス基盤を導入する企業に対しては、これまで把握できなかった情報を可視化する高度な分析レポートを提供し、タイムリーな意思決定をサポートします。

アクセンチュア アナリティクス 日本統括 マネジング・ディレクターの工藤卓哉は、「機械学習やAI(人工知能)などの技術も駆使し、訪日外国人のユーザー属性情報を推定するなど、アナリティクスの先進的な知見を活用。新しい個人向けサービスの創造を支援していく」と述べています。

動的かつリアルタイムなインサイトが手元で得られる
Ideal Insightによって、実際にどんなビッグデータ分析が可能となるのでしょうか。その代表的な例が「フローダイヤグラム分析」です。

例えば渋谷駅にやって来た訪日外国人旅行者が、新宿や秋葉原など「直前にどこにいたのか」という流入導線、あるいは「その後どこに向かったのか」という流出導線をマップ上に可視化することができます。さらにエリアを広げて分析すれば、例えば、「成田空港に到着した旅行者はそのまま箱根に直行している」といった行動パターンを把握することも可能です。

もっとも、無数の訪日外国人が行き交う移動経路を単にそのまま地図上に描くだけでは、そこから意味のある知見を取り出すことはできません。そこでIdeal Insightでは、音声解析などでも使われてきた「隠れマルコフモデル」と呼ばれる統計手法を適用し、より多くの人が訪れた場所やたどった移動経路を自動的に抽出し、赤く太い線で示して可視化する「主導線分析」の機能も用意しました。

加えて、無償Wi-Fiのユーザーである訪日外国人の端末や認証情報などから推定した「国籍」のほか、「曜日」や「時間帯」といった情報を組み合わせてフィルタリングすることで、ユーザー属性をさらに詳細に絞り込んで行動パターンを把握することも可能です。

図1 クラウドベースのビッグデータ分析ツール「フローダイヤグラム」
Ideal Insightで提供されるクラウドベースのビッグデータ分析ツールはアクセンチュアが開発したもの。「フローダイヤグラム」では、たとえば渋谷のスクランブル交差点付近にいた訪日外国人が、その前後にどのように移動したかを可視化することができます。さらに、特定の日時を除外したり、Wi-Fiユーザーの国籍や言語を絞り込むことも可能です。(この画面の分析結果は、模擬データに基づくものであり、実際のデータとは異なります)

TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクトに参画するパートナー団体は、こうした操作のすべてをIdeal Insightから提供されるWebレポート上で簡単に行うことができます。

これまでも国勢調査やアンケート調査をもとに、訪日外国人の行動パターンを分析しようという試みはありました。しかし、それらは静的な情報であり、しかも月単位や年単位といった大枠でしか事象をとらえられていません。

これに対してIdeal Insightから得られる可視化情報は、訪日外国人の行動パターンを動的かつリアルタイムに近い形で把握することができます。例えば「横浜から箱根に向かうと予測される中国人旅行者」の行動を先回りして観光案内をプッシュ配信する、あるいは素通りされてしまいそうな地域のショップが特別クーポンを発行し、足を止めて立ち寄ってもらうといった手を打つことが可能になります。

Ideal Insightの活用によって、今後のインバウンドビジネスのあり方は大きく変わっていくでしょう。

図2 クラウドベースのビッグデータ分析ツール「主導線分析」
新宿駅周辺の「主導線分析」結果。「隠れマルコフモデル」と呼ばれる統計手法を適用し、より多くの人が訪れた場所やたどった移動経路を自動的に抽出し、赤く太い線で示して可視化する機能を用意しました。上図は全導線の中で上位90%を表示させた状態で、さまざまな導線が込み合っており人の流れを読み取るのは困難です。これに対し、下図は上位20%に絞って表示させたところで、新宿駅周辺の主な導線がはっきりと浮かび上がっています。(この画面の分析結果は、模擬データに基づくものであり、実際のデータとは異なります)

ハイパ フォーマンスの実現へ

パートナーの幅広い連携で最高の“おもてなし”を実現
TRAVEL JAPAN Wi-Fiプロジェクトの発足メンバー団体は、すでに積極的な取り組みを開始しています。

例えば京都市では、オリンピックイヤーの2020年に向けて「世界が憧れる観光都市へ」を目指した新たな観光振興計画を策定。Wi2と共同して市内のフリーWi-Fiスポット(KYOTO Wi-Fi)を2014年度中に約1400カ所に拡充するほか、この分析サービス基盤から得られるビッグデータに国籍別外国人宿泊客数や海外情報拠点などの情報を組み合わせた多角的な分析を行い、内外メディアに対する発信力をブラッシュアップしていく考えです。京都市という「面」でのトライアルを、日本の先進事例につなげていく取り組みです。

ほかにも、「日本を代表するランドマーク、アミューズメント、スタジアム、美術・博物館、水族館などの施設に訪日外国人を導く“創客”を、ビッグデータ活用によって支援したい」(チケッティングシステムやPOSシステムを手掛けるパナソニック インフォメーションシステムズ)、「日本国内のレジャー観光、グルメ、ライブエンタテインメントなど、さまざまなジャンルのコンテンツを活用し、訪日外国人観光客が気軽に、より多彩に日本滞在を楽しんでいただくためのお手伝いができれば」(エンターテインメント分野のチケット販売/メディア運営のぴあ)など、“おもてなしの心”を持ったサービス創造が加速しています。


(関連リンク)