Skip to main content Skip to Footer

概要

アクセンチュアが「投資銀行ビジネスが直面する10の課題」の発行を開始した2008年当時から、世界は急速な変化を遂げています。

世界金融危機が発生した2008年以降、投資銀行のリーダーは「規制やコンプライアンス」、「資本の適正化」、「コスト削減」を長年にわたり主要課題と位置付けていました。

しかしアクセンチュアの最新調査によると、これら主要課題の優先度が明らかに変化していることが判明しました。投資銀行のリーダーは従来にも増して、デジタル技術や革新的な金融テクノロジー(フィンテック)に関心を寄せており、デジタル化の波で参入障壁が下がる中、業界の垣根を越えて存在感を高めるデジタルエコシステムに対する認識を深めています。同システムは新たなソリューションの市場投入を迅速化し、市場の根本的変化の必要性を浮き彫りにしています。

新たな現実は、イノベーションの加速化、市場競争の激化、顧客期待値の高度化などにより特徴付けられ革新的な手法で投資銀行や業界を再編する可能性を秘めています。詳細については、「2016年に投資銀行ビジネスが直面する10の課題」をご覧ください。


@AccentureCapMkt
#IBTop10(英語のみ)

Investment Banking Blog(英語のみ)

CONTACTS

アクセンチュア金融サービスに関する詳細は、こちらのフォームからお問い合わせください。