Skip to main content Skip to Footer

2015年に投資銀行ビジネスが直面する10の課題

上位10の重要課題を「規制への対応」、「事業再構築の推進」、そして「イノベーションの取込」という3つの柱に沿ってご紹介します。

概要

投資銀行ビジネスの業界は、世界的な金融危機からある程度立ち直り、マーケットの活気も戻りつつあります。しかし、金融危機を教訓に様々な規制が強化され、重い足かせとなっています。

テクノロジーの進歩やタブレット・スマートフォン等の新たなツールの普及などを背景に、コミュニケーションの多様化や迅速な対応など顧客のニーズはこれまでにない速さで高まっています。また、ビッグデータを活用したアナリティクスで、顧客の深耕を図るクロスセルやアップセルも可能になっています。さらに、人件費を抑えつつも優秀な人材を確保し、組織としてのケーパビリティをいかに確保・維持するかも大きな経営課題です。このような複雑な環境にあって、投資銀行ビジネスは大きな転換期を迎えていると言えるでしょう。

主な知見

アクセンチュアではクライアントである全世界の投資銀行・ユニバーサルバンクの投資銀行部門に対し、毎年翌年度の重要課題を調査・集計し、取りまとめを行っています。今回の調査では、2015年に向けて「規制への対応」、「事業再構築の推進」、そして「イノベーションの取込」という3つの柱が浮き彫りになりました。2015年の上位10の重要課題をこの柱に沿ってご紹介します。

  • 規制への対応
    (1)戦略的な規制対応
    (2)コアビジネスとしての担保管理業務の再定義
    (3)新たなビジネス環境下での人材・ケーパビリティの確保・維持

  • 事業再構築の推進
    (4)投資銀行ビジネスの目的再設定(グループとしての投資銀行ビジネスの再定義)
    (5)複雑化した既存オペレーティングモデルの合理化(ファームワイドでのプロセス・システムの合理化)
    (6)ガバナンスモデルの再定義
    (7)ビジネス拡大の推進・実行(新たなビジネスモデル・戦略の策定・実行)

  • イノベーションの取込
    (8)デジタル技術の活用
    (9)アナリティクスの活用
    (10)ユーティリティサービスの活用(業界横断でのシェアードサービスの活用)

分析

多くの投資銀行ビジネスのプレイヤーが今日抱えている具体的な課題を挙げるとともに、アクセンチュアの研究活動やプロジェクトを通じて得た知見に基づく見解もご紹介しています。

I. 規制への対応
各地域・国における各種規制強化への対応は、2015年も投資銀行ビジネスの経営テーマの中心に位置しています。規制対応の取り組みを、事業の再構築や中長期的なオペレーティングモデル実現の一環と捉えることが、今後のビジネス成長には不可欠です。

II. 事業再構築の推進
金融危機後の新しいビジネス環境下において、収益を確保し、株主への利益還元の最大化を図るためには、新しい環境に合致した投資銀行ビジネスの新たなビジネスモデル・戦略を策定し、推進していくことが必要不可欠です。

III. イノベーションの取込
デジタル技術の発展、アナリティクスの高度化、ユーティリティサービス(共同利用サービス)の出現は、顧客に対するサービスの提供方法を刷新するとともに、ビジネスに必要な業務機能の最適配置に関して、新たな実現方法を提供します。このようなイノベーションをビジネスにいかに取り込むかは投資銀行ビジネスにとって非常に重要なテーマです。


(関連リンク)