Skip to main content Skip to Footer

TECHNOLOGY VISION 2016


概要

デジタル・エボリューション:デジタル時代における“ひと”の優位性

デジタル時代は、テクノロジー面の要件を満たすだけでは勝者になれません。秘けつは“ひと”にあります。

テクノロジーの進展に遅れずについていくことは、もちろん不可欠です。しかし、企業や組織の文化という人間的な側面を進化させることも、同じくらい重要です。破壊的な変化が起こる時代においては、適合性を備え、新たなビジネス戦略を積極的に取り入れ、また常に新たなスキルセットを学び続けるチームの構築が求められます。

アクセンチュアのTechnology Vision 2016では、「“ひと”を主役に据える」というアプローチの背景にある、以下の5つのトレンドについて調査・分析しました。

  1. インテリジェント・オートメーション
  2. 流体化する労働力
  3. プラットフォーム・エコノミー
  4. 破壊を予期する
  5. デジタル時代の信頼

このレポートの目的は、読者の皆さまが所属する組織のDNAに、最も効果的な手段で“変化”を取り込んでもらうことにあります。その手段とは“ひと”です。


エグゼクティブ・サマリーをダウンロード



Technology Vision 2016が解き明かす5つのトレンド

デジタル・ビジネスにおける優位性を獲得するには、これら5つのトレンドに対応し、自らの組織と文化を作り直すことが必要です。

インテリジェント・オートメーション

インテリジェント・オートメーション

流体化する労働力

流体化する労働力

プラットフォーム・エコノミー

プラットフォーム・エコノミー

破壊を予期する

破壊を予期する

デジタル時代の信頼

デジタル時代の信頼

デジタル・エボリューション

変化が起きることが日常の当たり前になる“デジタル・カルチャーショック”。多くの企業がそれに直面し、乗り越えようともがいています。

そうした企業は一度立ち止まって、どうすれば新たな製品やビジネスモデル、スキル、そしてスピーディな業務スタイルを開発しつつデジタル・エボリューションに向かって進めるのか、その道筋を描いてみる必要があります。

デジタル・エボリューションとは、以下のような状態を指します:


「成功の呪文は、『主役は “ひと”』」

エグゼクティブ・サマリーをダウンロード

Technology Visionについて

企業・組織の挑戦は自らの「再構築」へ

Technology Vision 2016で取り上げた5つのトレンドは、アクセンチュアが2013年のTechnology Visionで初めて提唱した「すべてのビジネスがデジタル・ビジネスである」という考え方の延長上にあります。今回のレポートは、デジタル世界における“ひと”の重要性に焦点を当てました。5つのトレンドそれぞれは、昨年までのトレンドを受け継いでおり、デジタルビジネスに取り組む企業がこれまでに適合し、成長する中でたどってきた道のりを示しています。



「デジタル時代において真に決定的な要因は、実は、企業文化を進化させる能力である」

エグゼクティブ・サマリーをダウンロード

チーム紹介

Technology Vision 2016の調査・執筆を担当したチーム・メンバーを紹介します。

さらに詳しく

NEXT:

5つのトレンドを詳しく見る

デジタルの進化に対応するために自らの「再構築」に取り組む企業や組織にとってキーになる、重要な潮流を紹介します。

トレンドを見る

お問い合わせ

Technology Vision 2016に関するお問い合わせは、こちらのフォームからご連絡ください。


関連トピック

テクノロジー