Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


2016年後半、押さえておきたい5つのテクノロジートレンド

デジタル時代は“ひと”が主役になる理由

概要

デジタルテクノロジーが創造的破壊をもたらす
2016年1月、アクセンチュアは世界のテクノロジートレンドに関する調査レポート「Accenture Technology Vision 2016(テクノロジービジョン2016)」を発表しました。 今後3~5年の間に企業のビジネスに大きな影響を及ぼすと予想される新たなテクノロジートレンドを、アクセンチュアの知見と調査を基に作成したテクノロジービジョン2016では「主役は“ひと”(People First):デジタル時代は“ひと”こそ最優先」をメインテーマに掲げています。

2013年には、「すべてのビジネスがデジタルに(Every Business is a Digital Business)」をメインテーマに据え、今後のビジネスの中にデジタルが浸透し、デジタルテクノロジーを活用したビジネス変革が起きることを予見しました。この3年間のうちにデジタルテクノロジーは急速に進化し、創造的破壊(クリエイティブ・ディスラプクション)を促す数多くの新しいビジネスを創出し、さまざまな既存ビジネスを変革しています。

「人の代替になる」のでなく「人のためになる」テクノロジーを
しかし、デジタルテクノロジーの進化は、必ずしも企業のビジネスを成長に導いたわけではありません。競合他社との熾烈な競争の中、「デジタル・カルチャーショック」に直面し、テクノロジーの進化の速さに圧倒されている企業もあります。デジタルテクノロジーはあくまでもツールであり、ビジネスを成長に導くにはツールを使いこなす“ひと”の存在が欠かすことができない、とアクセンチュア テクノロジーサービスの最高責任者を務めるバスカー・ゴーシュ(Bhaskar Ghosh)は述べています。

概要


特にここ1~2年は、デジタルテクノロジーがかつてないスピードで進化し、AI(人工知能)やロボットをさまざまなビジネスに活用できるところまで辿り着きました。これらの進化は、ともすれば“ひと”を置き換えるものと考えられがちですが、真実は違います。“ひと”がデジタルテクノロジーを活用し、“ひと”のためになる仕組みを作ることこそが、今の企業には必要なのです。では、“ひと”のためのテクノロジー活用を実現するために必要なのは、どのような環境でしょうか。

トレンド

5つのテクノロジートレンドが、ビジネスを成功に導く
Technology Vision 2016では、そうした“ひと”を支えるビジネス環境を実現し、ビジネスを成功に導くための5つのテクノロジートレンドを予測しました。ここでは、経営者・ビジネス部門の視点から、それぞれのトレンドにおいて業界のリーダーがどんな施策に取り組んでいるか、何をすべきかを紹介します。

トレンド 1:インテリジェント・オートメーション
インテリジェント・オートメーションは、AIやロボットの支援によってシステム、データ、および“ひと”を撚り交ぜ、散在するシステムから大規模のデータを収集してビジネスを変革する新世代のソリューションです。すでに業界をリードする多くの企業がAIやロボットの活用により自動化を進め、“ひと”とは異なるスキルを持つ機械が“ひと”と協働することでビジネスを抜本的に変革する取り組みに着手しています。
インテリジェント・オートメーション・プラットフォーム「Accenture myWizard」とは?

トレンド 2:流体化する労働力
企業は、適切なデジタルテクノロジーを利用するだけではビジネスを成功に導くことができません。予測不可能な変化が待ち受けるデジタル時代の中では、適切な“ひと”が適切な業務を行い、変化に即応できて適応力と応答性に優れた「まるで水のように流体化する」労働力を実現するような、変革をもたらすテクノロジーを活用することが求められています。アクセンチュアの調査でも「流体化する労働力」がもたらす競争優位性が明らかになっています。

トレンド 3:プラットフォーム・エコノミー
現在、さまざまな業界において、産業革命以来最も大きな変革とも言えるエコシステムが形成されようとしています。各業界の先進企業が中心となって、パートナーや顧客とつながる共通デジタルプラットフォームを軸にした新しいビジネスモデルが構築されつつあるのです。例えば、APIを公開してエコシステム間の相互接続を可能にするプラットフォームは、すでに実用化されています。

トレンド 4:破壊を予期する
急速に成長するデジタルのエコシステムは、異業種の市場をつなぎ、業界の垣根を取り払うという創造的破壊の波を引き起こしています。これにより、これまではデジタルテクノロジーとはまったく関係のなかった業界から既存の市場を一変させるような変革を可能にします。アクセンチュアの調査では8割を超える企業がすでにエコシステムによる創造的破壊に直面していることがわかっています。先進的な企業は、こうしたエコシステムの将来を積極的に予測し、業界や経済全体を再定義して自社の競争優位性を高めることに、取り組んでいます。

トレンド 5:デジタル時代の信頼
新しいデジタルテクノロジーの普及とともに、リスクに関する大きな新しい問題が生じ始めています。企業にとっての要となるのは「信頼」です。信頼なくしてはエコシステムを形成するデジタルプラットフォーム上でデータの共有や相互利用は困難です。そのために企業は、最先端のセキュリティ対策を確立するだけでなく、デジタル領域全般において最高の倫理基準を取り入れていく必要性が高まっていくでしょう。

これらのテクノロジートレンドを捉えた成功企業では、デジタルテクノロジーによって“ひと”が進化、適応し、変化を推進するための力を得るといった企業文化が醸成され始めています。すなわち「主役は“ひと”」が成功の秘訣なのです。



2/3ページ: アクセンチュアが考えるNew ITとインテリジェント・オートメーション

3/3ページ: プロジェクト管理の高度な自動化を実現する「Accenture myWizard」

お問い合わせ

アクセンチュア・テクノロジーに関するお問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

関連コンテンツ