Skip to main content Skip to Footer

通信業界:成功を継続できるか、それとも停滞に転じるか?

人材の価値を高めて、デジタル時代の成長を実現する

概要

デジタル時代において、通信サービスプロバイダーはこれまでにはなかった大きな岐路に立たされています。

「成功を継続できるか、それとも停滞に転じるか?」の全文をPDFで読む

主な知見

デジタル時代の通信サービスプロバイダー(CSP:Communications Service Provider)が成功するためには、さまざまな成長戦略に加え、人材分野でも新たな戦略やアイディアを取り入れることが重要です。

未来のCSPのワークフォースに求められる特性

  1. ワークフォース構造とデザイン:新しいワークフォースの構 造および組織構造への転換を加速させて、市場でより効果的に競争力を発揮する。

  2. 人材の確保:社外に「人材のエコシステム」を構築し、そこから人材を獲得することでギャップを埋めながら、ビジネス・チャンスを生かす。

  3. 業務の見直し:デジタル技術を活用して、レガシー業務に携わるワークフォースが未来の働き方へとシフトできるよう支援する。

  4. リーダーシップ:独自のリーダーシップと文化を 開発/醸成し、デジタル時代で勝利を収める。

提言

未来のワークフォースを創出するための4つの戦略

  • バランス感覚を鍛える
    従来のものも新しいものも含めたあらゆる業務を横断して、ワークフォースのバランスを見直す必要があります。 組織内はもちろん、対顧客に対してもデジタル化を加速させるため、不足しがちなリソースを適切な領域に再配しなければなりません。

  • 点と点を結ぶ
    成長を加速させるためには、豊かな貢献者ネットワークを構築し、育てることが重要です。そのためには、人材のギャップと戦略的な優先順位を分析し、同時に社外の貢献者候補と彼らが組織にもたらし得る価値をマッピングする必要があります。適切な機会と適切な社外貢献者のマッチングを行い、オペレーティング・モデルを策定します。

  • 伝統的な業務を再構築する
    業界をリードするCSP企業は、デジタル技術を使って伝統的な業務の再構築も図っています。これからのCSPは、セールス・フィールドサービス・カスタマーサービスといった分野で、デジタル時代に不可欠な能力を有効に機能させるための、業務内容の刷新を行わなければなりません。

  • リーダーシップの「暗号」を解く
    優秀な人材を確保・維持し、財務目標を達成するために、リーダーは実験や協働、俊敏性といったデジタル時代の重要コンセプトを重視した組織文化を醸成しなければなりません。CSPは、デジタル・リーダーの採用・先進的なトレーニングの導入によって、あらゆる階層においてリーダーシップ能力をすばやく育て、未来のワークフォースを主導していく必要があります。


著者