Skip to main content Skip to Footer

デジタルな組織への転換:「失敗しない」ための7つの必須能力

デジタルな組織への転換を目指す企業は、創造的破壊と成長を管理するための7つの必須能力を身に付けなければなりません。

概要

現在の不安定な市場において、デジタル技術を活用して新たな成長を実現している成功企業は、従来にないルールと能力を身に着けています。アクセンチュア・ストラテジーの調査では、そうした新たなデジタル能力を1年以内に獲得することが、企業幹部の最優先課題であることが明らかになりました。

成功企業は新たなデジタル・ルールに則ったオペレーションを実践するだけでなく、競争優位性に基づく組織の再構築を推進する能力も兼ね備えています。成功企業は「失敗しない」ための7つの必須能力を獲得することで、デジタルを活用したブランディングや発展、競争力の改善を推し進めています。この7つの必須能力こそが、戦略や業種の違いにかかわらず、企業の発展と成長を支え、長期的な利益の創出を可能にするのです。

「デジタルな組織への転換:「失敗しない」ための7つの必須能力」をダウンロード  [PDF]

ビジネスリーダーの過半数は、新たなデジタル技術の最大の影響は、従来にはないビジネスモデルを展開する新規参入者によってもたらされると考えています


主な知見

「失敗しない」ための7つの必須能力:

  • 創造的破壊の意味を理解する:創造的破壊がいつ、どのような影響を自社に及ぼすかを正しく理解することが大切です。

  • 新しいアイデアの迅速な開発・実践および「実験」能力:顧客の問題を解決に導くためには、今以上に積極的に新たなアイデアを試し、自社内に創造的破壊を起こさなければなりません。

  • データの理解と活用:データを有益な情報に転換させ、そこから新たな収益源を生み出さなければなりません。

  • デジタル・チームの構築:適切なデジタル・スキルを備えたチームの構築と運営も重要です。

  • ノンコアな活動におけるパートナーシップの強化と投資:従来にない新たなパートナーシップを構築する必要があります。

  • スピードを発揮するための組織管理: CEOレベルからのサポートを得て、デジタルを活用した新たな成長を推進する専門チームを育成しなければなりません。

  • 快適な顧客体験の開発:顧客がリピーターとなる主なきっかけは、体験の質の高さにあるという事実を正しく認識しなければなりません。

提言

大企業の経営幹部は当然ながら、デジタルがもたらす機会についてさまざまな懸念や疑問を抱いています。しかし、大部分の企業において変化に順応する体制は整っています。アクセンチュアの調査では、企業幹部の39%が、業界における「デジタル・リーダー」としての地位を獲得したいと回答しています。こうした成功を手にするためには、企業幹部は以下の施策を講じなければなりません:

  • ギャップの見極め: 自社にとって最も重要な能力が何であるかを把握し、ギャップがあれば埋める必要があります。たとえば、快適な顧客体験の開発は、銀行には欠かせない能力でしょう。

  • 市場ポジションの見極め: ライバル(従来のライバルと新規参入者)と自社の市場ポジション、ならびに顧客の期待と自社のデジタル戦略のギャップを客観的に見極める必要があります。

  • 実践: 必要な能力の有無と市場ポジションを明らかにした後は、デジタル・ゴールの達成を後押しする戦略的な選択を行わなければなりません。