Skip to main content Skip to Footer

ビジネス環境の破壊的転換期における
備えるべき6つの視座

激動する社会の中で勝ち残るために具備すべき機能とフレームワーク

デジタル時代におけるビジネス環境の変貌

はじめに

現在、世界は転換期に差しかかっています。
1760年代から1830年代にかけて起こった産業革命に比類するような大きなものであり、それまで当たり前とされてきた常識が短期間にして過去のものになってしまうような破壊的な変化です。この破壊的な変化をもたらすものは何でしょうか。それはビッグデータや人工知能、IoT(インターネット・オブ・シングス)、ロボティックス、ブロックチェーン技術など、現在着々と発展しつつあるデジタルテクノロジーの数々です。企業は、これらデジタルテクノロジーの発展に自らのビジネスを順応させることで大きな成長を手にすることができるのです。

本レポートでは、該当する普遍的な視座や取り組みを紹介しながら、変化の激しい時代を乗り切るために、会社の舵取りを担う経営層から現場を取り仕切る担当者までが活用できるフレームワーク「DUDATE(デューデート=期日)」をご紹介します。

*本レポートについて
アクセンチュアは、Google社の委託を受け本稿を執筆。2016年1月~2月に対面によるインタビュー形式で、各社のデータ活用における課題や取り組みに関する調査を実施しました。


生き残るためには、時代の変化への適応が必須

図1は各業界における最新デジタルテクノロジーと躍進著しいサービスのリストです。これらの企業は、時代の変化のスピードに乗り遅れることなく、膨大な情報を武器に、今までのサービスの概念・常識を打ち破る新しいやり方で次々と既存のプレイヤーを駆逐しています。このような変化はICT業界だけでなく、ありとあらゆる産業で同時に起きています。すでに、古くから業界のリーダーに君臨している企業であろうとも、当局の規制に守られていようとも、対策を立てずに手をこまねいているだけでは、顧客と売上を奪われる時代が到来しているのです。

企業の生き残りを難しくしている要因

テクノロジーの進化とデジタル化社会の進展により、企業を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。企業の生き残りが難しくなっている代表的な要因は図2に示される6つです。


<図2:企業の生き残りを難しくしている6つの要因>


われわれはすでに、世界が大きく変わる転換期に入っています。もし自社のビジネスを見つめ直し、デジタル社会へ適応する意思と覚悟がなければ、いつかビジネスの表舞台からの撤退を余儀なくされるでしょう。必要なのは変化に対応するために欠かせない明確な視座を持ち、その視座を具現化するための機能を自社に取り込むことなのです。

本レポートでは、それぞれの業界の中で試行錯誤を始めた4つの企業の取り組みをご紹介しています。


転換期に企業が具備すべき6つの視座「DUDATE」

「DUDATE」は激動する社会の中で企業が勝ち残るヒントをまとめたフレームワークです。「DUDATE」が示す6つの視座を意識することは、デジタル化する社会の中でどのように自らを変え、成長すべきかを考える上で欠かせません。「DUDATE」 は、CxOクラスの経営責任者から、部門のリーダー、メンバーまで、立場を問わず活用いただけます。ぜひ自社のビジネスを客観的に見直すためのツールとしてご活用ください。

関連リンク