Skip to main content Skip to Footer

化学業界の
安全文化

世代交代を受け入れつつ、
生産現場の安全性を向上する

安全性を向上させる上で重要なことのひとつは、より効果的な安全文化—安全性と生産性を等しく重視する文化—を醸成することです。

化学企業が安全文化を創出するには、リーダーシップの大切さを再認識すること、安全性にかかわるコミュニケーションのあり方を再構築すること、そして新しいデジタル技術を活用することが有効です。加えて、化学業界におけるワークフォース(労働力)の変化に起因する課題に向き合うことも必要です。

効果的な安全文化を確立できれば、企業は事故による負傷者の発生数を減らせるだけではなく、生産性の強化やオペレーションのアジリティ(俊敏性)向上も図れ、ハイパフォーマンスの実現に向けてさらに先へと歩みを進めることができるのです。

レポートをダウンロード

安全性の向上に向けた課題


化学プラントでは、安全性の向上に役立つプロセスやデジタル技術が次々と導入されているにもかかわらず、安全性の改善は遅れがちです。

何が原因なのでしょうか?





企業の安全文化の浸透が不完全な要因のひとつには、本来は正しい手順に従って行動すべき従業員の安全に対する姿勢や規範のあり方が大いに関係しています。

企業文化として、作業を安全に完了することよりも、まずは生産目標の達成が優先される、といったアンバランスな状況があります。

安全性の向上がコアバリューであると言いつつ、実際には生産実績を重視して報酬を決めているなど、リーダーシップの方針に矛盾が生じています。

豊富な経験に基づく知識と熟練したオペレーションで、作業の安全性を担ってきた団塊の世代が、まもなく退職します。

仕事に対するマインドセットが従来とは異なる新入社員、特にミレニアル世代の採用が進んでおり、企業は安全性とオペレーションについて教育する必要があります。

デジタル技術が安全性を向上させる

化学業界においてもデジタル変革が進んでおり、安全文化を醸成する上で新たな技術が重要な役割を果たすでしょう。その最大の効果は、次の3つの主要な領域に見ることができます。

オペレーションの向上

化学プラントでは、オートメーションの導入や、センサー、IoTの活用などが拡大しており、膨大なオペレーションデータが生成・蓄積されています。これらのデータを活用して、安全性とオペレーションに関する重要な指標を示すことができるモバイルダッシュボードなどの導入が可能となります。

コミュニケーションの強化

デジタル技術は、テキスト・メッセージング、ソーシャル・メディア、ゲーミフィケーション、その他のオンラインやモバイル向けのアプリや手法を取り入れることで、企業の安全性に関するコミュニケーションを強化し、若手作業員にも意欲を与えて積極的なかかわりを促すことができます。

知識継承の合理化

化学業界では労働力の世代交代が起きており、オペレーションに関する知識の継承が安全性の確保にとって重要な課題となっています。デジタル技術は、ナレッジベースの構築やVR(仮想現実)/AR(拡張現実)技術を採用した低コストのシステムなど、様々な方法でサポートすることができます。

安全文化を次世代に継承する

化学業界は働き手の中心が団塊の世代からミレニアル世代にシフトしており、そのことから生じる安全性の課題に、いかにうまく対処できるかが鍵となっています。

「安全性が向上した」という成果は最終目標であり、もちろん大切ですが、組織全体にポジティブかつ強力な波及効果をもたらすという点では、安全文化を確実に浸透・定着させることが重要です。化学企業は、デジタル技術を活用して、リーダーシップとコミュニケーションを確立し融合することにより、労働力の変化にも対応した、「生産性」と「安全性」を両立するマインドセットを構築・維持していくことができるのです。

お問い合わせ



お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ