Skip to main content Skip to Footer

ロボティック・プロセス・オートメーションから新たな成長を生み出す

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の成功を阻む6つの誤解

ロボティック・プロセス・オートメーション

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA:Robotic Process Automation)を導入することで、オペレーションの効率性や生産性、品質、顧客満足度の向上を図ろうとする企業が増えています。ただ、RPAに対する企業の認識にはいまだに多くの誤解が見られます。

ここで言うロボットとは工場で稼働しているロボットとは違い、業務処理を自動化するソフトウェア・ロボットであることは、多くの企業が理解するようになっています。ただ、多くの企業が導入へ向けた試行錯誤を行っているとはいえRPAを全社的かつ大規模に本格導入した例はまだほとんどありません。RPAの本質をとらえることができなければ、生産性の大幅な改善、あるいは変革という名の果実を追い求める中で、莫大な投資を無駄にしてしまうリスクにもさらされています。

レポートをダウンロードする [PDF]

RPAで成功するために

これら6つの誤解によって起こる失敗を回避するためには、RPAの導入がもたらす成果の予測と、それに向けた適切な戦略、全社的なガバナンス体制、継続的なモニタリング/保守/改善のサイクルが不可欠です。さらに、これらを実現するために満たすべき6つの要因を以下に挙げます。

  1. 専任チームの設立

  2. 適切なツールの選択

  3. インフラの構築

  4. RPAのリスク管理

  5. 運用のガバナンス

  6. 価値の実現へのフォーカ

レポートをダウンロードする [PDF]

RPAとは

RPAとは何か?

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は、構造化されたルールベースの反復的なタスクをソフトウェアで実行し、広範なビジネス・プロセスを自動化する取り組みです。生産ラインで稼働しているロボットのオフィス版と言うこともできるでしょう。


RPAはどこで活用できるか?

RPAは取引の処理、データの処理、レスポンスの収集、他のデジタル・システムとの通信などに用いられます。反復性があり、人の判断を必要としないボリュームの多い手作業の自動化に最適です。


なぜ今、RPAを導入するべきなのか?

RPAには7つの大きな長所があります。

  1. 精度

  2. スピード

  3. サービスの継続性

  4. コスト効率

  5. 優れた操作性

  6. 俊敏性

  7. 拡張性

レポートをダウンロードする[PDF]

お問い合わせ

お問い合わせは、以下のフォームよりご連絡ください。







関連コンテンツ​