Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


RPA分野において、アクセンチュアがリーダーとしての評価を獲得

RPA分野のリーダー

HfSリサーチ社が2016年12月に発表した『2016 RPA Premier League Table』において、アクセンチュアは「Transformation Enablers(変革の実現)」部門のナンバーワン企業に選出されました。

HfSリサーチ社のアナリストは評価の一環として、各サービス・プロバイダーのRPA戦略と展開について、「Transformation Enablers(変革の実現)」および「Automation Pure Plays(自動化プログラムの提供)」という2つの視点で分析し、アクセンチュアの実績について以下のように評しました。 「アクセンチュアは、コンサルティング部門の変革推進能力を活用しながら、過去の延長にとどまらない、より高度なイノベーションを実践している。包括的なアプローチでインテリジェント・オートメーションを推し進めるべく、RPA、仮想エージェント、自然言語処理、機械学習、高度なアナリティクスなど、人工知能(AI)に関する広範なテクノロジーの新たな定義を提唱している」

HfSリサーチ社はレポートの中で、より高度なAIを活用したRPAソリューションであるAccenture Robotics Solutionsを特に高く評価しました。5つのパートからなるモジュール型の本ソリューションは、それぞれのお客さまが必要とする最適なテクノロジー(GoogleやFacebook APIなど)との統合もサポートしています。

ニュースリリースを読む(英語)

レポートを読む(英語)

ランキングについて

HfSリサーチ社が初めて発表した 『Intelligent Automation Blueprint Report』 における論考を踏まえて導き出された今回のランキングは、特にRPAサービス・プロバイダーの競争環境における「実践力」にフォーカスした評価が行われました。『Intelligent Automation Blueprint』は、オートメーションがサービスの提供にどのような変革と創造的破壊を起こす可能性を秘めているかについて詳述する一方で、『Premier League Table』では、サービス・プロバイダー各社のRPA戦略とその展開についての詳細な分析が行われています。

「RPA分野をリードするサービス・プロバイダーは、いずれもオートメーションに対する包括的なアプローチと、変革を推進する幅広い能力を駆使してサービスを提供しています。その頂点に立つアクセンチュアは、コンサルティング・サービスと多種多様なサードパーティ・ツールに自社独自で開発したAccenture Robotics Solutionを組み合わせて高度なサービスを提供している点が高い評価に値します」

TOM REUNER
Research Vice President, HfS Research





お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。






関連コンテンツ​