Skip to main content Skip to Footer

講演ビデオ:
成熟市場を勝ち抜く経営管理――
Risk Adjustedプロセスモデルの構築—ビデオ

日本の保険市場では商品ごとにその時々の運用とリスクファクターに基づいて、販売をマネジメントする力が求められています。アクセンチュアが実施した調査「2013 Global Risk Management Survey」による示唆も交えて語った講演のハイライトを約5分のビデオにまとめました。

メディア再生のヘルプ

ビデオトランスクリプト
このビデオの内容をテキストで記述したトランスクリプトをご覧いただけます。






アクセンチュア 経営コンサルティング本部 リスク管理グループ
マネジング・ディレクター 山本 晋五

従来、保険商品を開発・販売する商品開発・営業分門と、その資金を運用する運用部門には大きな隔たりがありました。

しかし成熟マーケットといえる日本の保険市場では、収益性の高いマーケットを素早く見極め、スピーディに商品展開のアクセルおよびブレーキを踏むことが重要です。すなわち、保険商品ごとにその時々の運用とリスクファクターに基づいて、販売の加減速をマネジメントする力が今の保険会社に求められています。

リスク管理のプロジェクトを多く手掛けるマネジング・ディレクターの山本 晋五が、アクセンチュアが実施した調査「2013 Global Risk Management Survey」の結果から導き出された示唆を交えて語った講演のハイライトを約5分のビデオにまとめました。(2013年11月 保険フォーラム2013)