Skip to main content Skip to Footer

人工知能(AI)の可能性:
未来のワークフォースのマネジメントを再定義する

概要

人工知能(AI)の進化は、経営層から現場の第一線のマネジャーに至るまで、あらゆるマネジメント業務に影響を及ぼすでしょう。AIは、かつてない価値創造の機会と同時に、大きな課題も突きつけます。

AIの進化によって、マネジャーは自らの役割の見直し・経営の基本的性質の再定義を余儀なくされるでしょう。今後、AIは人とマシンの協働の機会をますます拡大し、さらにマネジャーはトレーニング、パフォーマンス、および人材獲得という3つの戦略の見直しも迫られるはずです。

記事全文をダウンロード(英語のみ) [PDF, 1.45MB]

マネジャーとマシンに求められる連携

AIベースのアナリティクスやシミュレーション、仮説検定は、企業の意思決定や戦略、イノベーションにどのような メリットをもたらすのでしょうか。
マネジャーは、AIがマネジメント業務を不要にすると考えています。
マネジャーは、AIの活用準備を整えると同時に、脅威と見なしています。
マネジャーは、AIが現在の自分たちの役割をサポートできると期待しています。
その一方で、マネジャーとして役割を果たすために不可欠なスキルの改善は軽視しています。

判断力

AIの進化に伴って重要性を増す、対人スキルと判断力

AIの進化によって、マネジャーに求められるのは従来の 調整・管理能力から、戦略やイノベーション、協働、人、コミュニティなどに関する判断力へと変化するでしょう。

提言

AIが進化を遂げ、職場でまったく新しい協働体制が浸透していく中、
インテリジェンスの新たな活用機会がもたらされています。

成功のための4つのステップ:

本調査について

アクセンチュア・ハイパフォーマンス研究所はアクセンチュア・ストラテジーと協働し、2015年8~9月にかけて全14カ国・1,770人の第一線のマネジャー、管理職、経営上層部の人々を対象に調査を実施しました(『The Impact of Cognitive Computing in Management(コグニティブ・コンピューティングがマネジメントにもたらす影響)』調査、2015年)。

調査では17業種/業界に属する回答者から、自分たちの業務にAIが及ぼし得る影響、現在の業務およびスキル、ならびに今後の業務とスキルのあり方について、意見を求めました。

アクセンチュア・ハイパフォーマンス研究所は2015年4~5月にかけて、デジタル・エンタープライズへの転換をテーマとし、全9カ国・7業種/業界の経営陣37人を対象にインタビューを実施し、彼らの洞察を取りまとめました。インタビューでは、経営陣からデジタル・トランスフォーメーションに向けた自社の施策、業界の発展、デジタルな創造的破壊に関連した自らの役割の変化、デジタル化する従業員や顧客への対応といった問題について意見を求めました。

アクセンチュア・ハイパフォーマンス研究所について

アクセンチュア・ハイパフォーマンス研究所は、重要な経営問題やグローバル経済のトレ ンドに対する実践的洞察を創出・発表している研究機関です。世界各国で活躍する当研究 所の調査チームは、アクセンチュアのビジネスリーダーと協働し、組織によるハイパフォーマンスの実現と維持について、独自性に富む綿密な調査と分析を行っています。

専門領域
組織のデジタル・トランスフォーメーションに重点を置いた以下の6つの領域において、当研究所のグローバルな研究チームが実施した最新の調査結果をご覧いただけます。

※全て英語のみ