Skip to main content Skip to Footer

医療機器業界における新たな成長機会

医療機器メーカーの新たな成長機会に関するアクセンチュアの論考。医療機器市場を根本的に変え、関係者のヘルスケア・エコシステムに対する認識を変えた上で形勢を一変させる3つの成長機会を特定しました。

概要

医療業界は今、急速に広がる変化に直面しています。患者中心のケアに対する新しいアプローチは、個別の症状への治療よりも、生命本体への取り組みへと移行するでしょう。従来の医療機器市場は、過去10年間に経験した、成長の可能性を失いつつあります。従って、医療機器メーカーは、成長を維持するための新しいアプローチを見つけることは極めて重要ですが、ますます達成が困難になっています。

このレポートは、今日そして将来にわたり、業界をけん引するヘルスケアのメガトレンドの中で、医療機器メーカーにとっての将来の成長機会について述べています。なぜ次世代の医療機器メーカーは、従来の家具メーカーと競合する可能性があるのか、インターネットをベースにした研究開発が、どのように埋没し隠れていた情報源を有効活用できるのか、そして補聴器製造企業にとって共同生産が何を意味するのかを説明します。

背景

医療機器市場の年間成長率は、10年前と比較して同等に高くなっています。しかし、近年、市場成長率は徐々に鈍化しており、将来大幅な成長は見込めません。ハイテク医療機器市場で競争力を維持するためには、継続的なイノベーションが必要となります。

業界は、規制認可や請求販売の上に築

かれている伝統的なモデルから、解析力を駆使した見識を通じての医学的根拠や実績ある経済効果へと移りつつあります。こうした潮流の中、強固な解析能力の実装や、実際の患者レベルのデータを統合、活用することで競争の優位性を推進する機会が開かれます。

主な調査結果

成長を確保するためには新しいアプローチが必要となります。アクセンチュアは、市場を根本的に変え、関係者のヘルスケア・エコシステムに対する認識を変えた上で形勢を一変させる三つの成長の機会を特定しています。

  1. 医療関連の製品は十分に開発されており、顧客のニーズに合うさまざまな機能が提供されます。既存のビジネスモデルや市場で成長機会を見いだすのではなく、企業は斬新で革新をもたらす潜在力を特定する必要があります。最も大きな成長の機会は、既存の道筋ではなく、新しい市場が進化する場所にこそあります。

  2. 家具と医療機器を一体化させるというのも将来の成長機会の一つでしょう。しかしながら、それは家具メーカーと医療機器メーカーが熾烈な競争を強いられる分野でもあります。患者が自らの健康データをモニターし、慢性疾患のトレンド、高齢化社会、医療ネットワークと照らし合わせることができるような、統合された家庭用医療機器を製造することです。しかし、そのような機器を導入するチャンスは医療機器メーカー以外にも存在するのです。

  3. インターネット上の調査情報から得られる「凍結」された知識を「解凍」することで、迅速かつ合理的にデータや結果を活用することが可能となります。さらに、自社の研究開発コストの削減にもつながり、社外への幅広い投資機会も得られます。

結論

医療機器メーカーは、この変化の激しい環境において将来成功を収めるためには、まったく新しい市場アプローチを慎重に検証かつ予測し、これを現行のビジネスモデルや戦略に取り入れる必要があります。

アクセンチュアが前述で特定した3つの成長機会は、成長を達成する仕組みづくりを示す事例であるといえます。持続可能な成長を実現するためには、新製品をさまざまに設計したり、新しいビジネスモデルを創出したり、あるいはより安価で手軽かつ迅速なソリューションを提供するなど、これまでのやり方を一新しなくてはなりません。

企業はこの市場変化がもたらすビジネス機会を注意深く分析し、今後も業績を維持しながら、まったく新しい未来へ向けた持続可能なビジネスを創出するために、投資の在り方を見直し、改善しなくてはならないのです。