Skip to main content Skip to Footer

新たなプロダクト・モデルの基盤となる最先端のアーキテクチャ

OVERVIEW

現在、顧客はハードウェア製品に多彩なソフトウェアとサービスが統合されたソリューションを求めています。ハイテク企業はこれまでにない新たなプロダクト・モデルの提供を通じて、このニーズに応えていかなければなりません。

 

製品のコンフィギュレーションや柔軟なプライシング、フルフィルメント、プロビジョニング、ソフトウェアやサービスに対する請求機能を有する、ハードウェアとソフトウェアを融合した新たな製品が求められています。こうしたあらゆるものと協調する製品を基盤にして、アフターサービスの提供機会を生み出すコネクテッド・オファーを顧客に提示することで、継続的な収益の機会を得ることができます。

2020年までにはデータ量が現在の50倍にも増大することが予想されます。製品のリリースサイクルも一層の短期化が進む中で、一刻も早くこうした変化への対応に向けて行動を起こさなければなりません。しかし手作業に依存した俗人的なプロセスや、ハードウェアとソフトウェアが十分に調和していない従来型の製品は、問題へのスピーディな対処や変化への対応を複雑にしています。

協調型の製品は複雑です。このような製品を作り上げるためには、製品データを管理しながら、標準化、重複の修正、最適なAttribute設定といったデータ品質管理を実施する「製品データ・ハブ」が必要となります。これに自動化とガバナンスを加え、KPI(主要業績評価指標)をベースにデータ品質をモニタリングすることが重要です。

未来に備え、ビジネスを成功に導くためには、これを支えるアプリケーション・プラットフォームを、適切なテクノロジーとともに構築することが重要です。あらゆるものと協調する製品は、以下のような特性を備えた最先端のアプリケーション・プラットフォームを基盤とすることで、その効果を最大限に引き出すことができます。

image

スピードとアジリティ(俊敏性)
製品の市場投入スピードを加速し、リリースサイクルの短縮化を図るために、製品データを迅速かつ正確にトラックしなければなりません。製品ライフサイクル全体で業務プロセスを自動化し、製品データの一貫性を維持していくためのテクノロジーが要求されます。製品ライフサイクルを短縮できれば、製品やサービスをタイムリーに顧客に提供できるようになり、マーケットでのシェア拡大が見込めます。

image

全方向のコミュニケーション
顧客やサプライヤー、顧客チャネルとの効果的なコラボレーションに加え、社内外の関係者間の協働も重要です。これを実現するためには、社内外のテクノロジー・インフラの統合によってエコシステムにソーシャル・プラットフォーム機能を提供することが重要です。エコシステムのメンバー同士が円滑なコミュニケーションを図りながら、製品知識の共有、製品改善リクエストへの対応、継続的なフィードバックのループに主体的に参加する必要があります。

image

リアルタイム性と透明性
現代の新たなビジネス・モデルにおいては、製品のパフォーマンスデータをほぼリアルタイムに統計分析できなければなりません。そのためには、製品の設計開発機能やベンダー、顧客チャネル、顧客といった製品バリューチェーン全体において、情報を双方向で共有できる「フィードバックのループ」のメカニズムが必要です。

image

セキュリティとインテリジェンス
エコシステムを拡張して、社外のプレイヤーとの協業を深め、さらに今まで以上に複雑な製品やサービスを提供する状況において、データセキュリティの維持はますます重要になります。多くの企業は膨大な製品データを抱えており、それらをふるいにかけながら、「ゴミの中から黄金を」選別して活用しています。インテリジェントなプラットフォームがあれば、こうしたデータマイニングだけでなく、セキュリティやコンプライアンスといった重要な要件も同時に満たすことが可能です。

ここで紹介したような重要な特性を備えた最先端のアプリケーション・プラットフォームを導入することで、新たな協調型の製品をサポートするインフラとアーキテクチャを構築し、進化し続けるダイナミックな市場において競争力をより一層強化することができるでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ