Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュアエネルギーマネジメントに関する分析2015年版

「デジタル時代の顧客創出 消費者に選択されるエネルギー事業者になるために」と題し、アクセンチュアが数年にわたって実施している調査プログラムの分析結果をご紹介します。

概要

世界のエネルギー事業者を取り巻く環境は、これまでとは全く違ったものとなってきました。あらゆるモノと人のネットワーク化がますます進んでいます。また、エネルギー消費者は革新的なテクノロジーを取り入れ、エネルギーの買い手であり売り手でもあるという新たな役割を担っています。その一方で、公益事業者は、従来の競合事業者や新たな市場参入者による数々の脅威からこれまで以上に革新的で機敏な対応を迫られています。

「デジタル時代の顧客創出 消費者に選択されるエネルギー事業者になるために」では、アクセンチュアが数年にわたって実施している新しいエネルギー消費者調査プログラムの最新の調査結果を紹介しています。この調査結果と分析により、先見的なエネルギー事業者にとって重要な転換期が訪れており、機会が拡大していることが明らかになりました。

主な知見

破壊性と不確実性はあるものの、エネルギー事業者はデジタルを通じ、収益性の高い成長を促し、コストを削減し、顧客体験を向上させる方法を見極めることができますデジタルツール、システム、機能、およびスキルは今後の成功に不可欠な要素になると考えられます。事業者は市場の構造的シフトが将来の事業運営モデルに与える影響を考慮しなければなりません。エネルギー事業者が将来を見据えた戦略で考慮すべき6つの重要な事項は以下のとおりです。

「デジタルDNA」の構築

「デジタルDNA」の構築

デジタルを通じ、戦略モデル、ビジネスモデルから事業運営モデル、ガバナンス・モデルに至るまで事業を改革する

手間のかからない体験の実現

手間のかからない体験の実現

次世代のデジタル顧客機能の向上、セルフサービスのやりとりの最適化、消費者のニーズへの積極的な対応により、顧客体験を強化する

強固なプラットフォームの設計

強固なプラットフォームの設計

リアルタイムのビジネスモデル、新規のエネルギー・ソリューションや顧客主導のイノベーションのためのデジタルプラットフォームを構築する

アナリティクスに基づく洞察

アナリティクスに基づく洞察

リアルタイムの実践的な洞察と分析能力を活かして、顧客中心の意思決定と業務効率を向上する

スピーディーなイノベーション

スピーディーなイノベーション

新製品・サービスの迅速な開発と発売に向けて新たな機会を捉え、消費者にマーケティング担当者および共同クリエーターとしての力を与えることで、成長を促進し、長期的な価値を実現する

戦略的パートナーシップの強化

戦略的パートナーシップの強化

他の事業者との提携や慣例にとらわれない協力関係により、価値創造を促す

アクセンチュアエネルギーマネジメントに関する分析2015年版――「デジタル時代の顧客創出 消費者に選択されるエネルギー事業者になるために」

全文をPDFで読む [PDF, 5.29MB]


長期調査プログラム アクセンチュア エネルギーマネジメントに関するユーザー分析について
アクセンチュアは、ガス、電気、水道などの公益事業者が、消費者ニーズと嗜好、また新しい課題と機会を特定し、進化するエネルギー市場で成功するために必要となる、重要なコンピテンシーを明らかにすることを目的とし、数年にわたるエネルギー消費者調査プログラムを実施してきました。
詳しくはこちらのページをご覧ください。