Skip to main content Skip to Footer

長期調査プログラム アクセンチュアエネルギーマネジメントに関するユーザー分析

アクセンチュアが数年にわたって実施している調査プログラムをご紹介します。

アクセンチュアは、ガス、電気、水道などの公益事業者が、消費者ニーズと嗜好、また新しい課題と機会を特定し、進化するエネルギー市場で成功するために必要となる、重要なコンピテンシーを明らかにすることを目的とし、数年にわたるエネルギー消費者調査プログラムを実施してきました。

この取り組みでは、世界中のエンドユーザー70,000人以上にアンケートを行い、消費者洞察を収集することにより、多様なテーマについて詳しく調査を実施してきました。



2016年

「構造変化が加速するエネルギー業界で成功を遂げるために」では、エネルギー事業者が顧客エンゲージメントを積極的に再構築する方法を調査しました。ミレニアル世代の消費者の台頭によるデジタル技術への影響と高まるエネルギー体験について焦点を当て、先見的なエネルギー事業者は、エネルギー市場の基本ルールや原則、また将来の機会を見据え、すでに次の破壊的イノベーションの波を考察しています。

詳細を読む



2015年

「デジタル時代の顧客創出 消費者に選択されるエネルギー事業者になるために」では、アクセンチュアが数年にわたって実施している新しいエネルギー消費者調査プログラムの最新の調査結果を紹介しています。この調査結果と分析により、先見的なエネルギー事業者にとって重要な転換期が訪れており、機会が拡大していることが明らかになりました。

詳細を読む



2014年

「新しいエネルギー消費者: 将来を設計する」では、消費者とのデジタルチャネルを通じたやりとり、常時接続型の消費者、分散型エネルギー、および新しい製品やサービスにおける新たな機会について調査しました。また、将来のエネルギー消費者に関するアクセンチュアの見解も提供しています。

詳細を読む



2013年

「新しいエネルギー消費者体験の実現」では、エネルギー事業者のための方向性、消費者を不満足にする主な要因への対応や、家庭需要家と中小企業(SMBs)の多岐にわたる

詳細を読む




2012年

「新しいエルギー消費者に対する提供価値の考察」では、新しいエネルギー市場に関する実践的な洞察や、戦術的提言の構築に焦点を当てました。この調査では、消費者の選択、接点、ロイヤリティを詳しく調査し、消費者がエネルギー事業者とどのような関係を望むのか、消費者が価値を見出す製品や、購入やロイヤリティを促す要因など、新たな観点を提供しました。期待やニーズの実現を促す見解を示しました。

詳細を読む





2011年

「新しいエネルギー消費者の価値観の分析」では、公益事業者またはその他の事業者が提供する宅内エネルギー管理(beyondthe-meter)製品とサービスに関する消費者嗜好や考え方、優先事項に注目し、エンドユーザーのグローバル調査を行いました。この調査を通じて、新たなエネルギー市場の台頭について考察しました。

全文をPDFで読む [PDF]



2010年

「エネルギー効率化に関する消費者嗜好の把握」では、スマートメーターや需要管理に対する業界の注目を裏付ける消費者の観点を示しました。この初回の調査では、エネルギー効率化に関する消費者の嗜好や認識、効率化に向けた行動や意思に関して、貴重な洞察を示しました。

全文をPDFで読む [PDF]