Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


SAP S/4HANAへの移行

アクセンチュアはお客様の既存のシステムやアーキテクチャ、テクノロジーに加えて、そこで生じるリスクも踏まえながら、S/4HANAへの移行に向けた最適なロードマップの策定を支援します。

今こそ移行の時

SAPが提供する最新のSAP Business Suite 4 HANA (SAP S/4HANA)は、急速に変化し続けるデジタル環境において、俊敏なビジネスを志向する企業がERPに求めるあらゆるニーズに応えるプラットフォームです。

SAP S/4HANAは、アクセンチュアのクライアント企業が取り組むデジタル化プロジェクトにおいても、すでに中核的なプラットフォームとなりつつあります。SAP S/4HANAがもたらすあらゆるイノベーションを享受するためには、その前提としてSAP HANAへ移行する必要があります。企業の潜在能力を引き出す上で重要な鍵を握るSAP HANAですが、実際の移行に際しては、企業はいくつかの疑問に対する明確な答えを見いだしておかなければなりません。

どのような移行方法が自社のニーズに最適なのか?既存のSAPシステムをどうするのか、移行のタイムテーブル、リソースなどについて、自社にとっての最適なアプローチをどのようにして判断すればいいのか?

  • SAP HANAへの移行において、万能のアプローチは存在しません。
  • 移行のタイムテーブルは、組織のリソースおよびスケジュール上の要件に合わせて調節できます。
  • アクセンチュアのアプローチは、組織によって課題の優先順位は異なるという前提に立っています。

SAP HANAへの移行に関する実証済みの方法論、アセット、および能力を生かして、アクセンチュアはお客様がSAP HANAのインメモリーコンピューティングを最大限に活用できるよう、エンドツーエンドのサポートサービスで支援します。

どのような選択肢があるか?

SAP HANAへの移行はオンプレミス、クラウドのいずれの方法でも可能です。アクセンチュアは、これまで200件以上の移行プロジェクトを手掛けてきた経験を生かし、お客様に最適な移行オプションをご提案し、移行のサポートを行います。

オンプレミスの移行オプション

  • 一からの新規導入。
  • 既存システムを活用した移行(既存のアプリケーションのハードウェアを再利用し、データベースのハードウェアのみを刷新)
  • ゼロダウンタイムのアプローチ(システムのコピーを作成、アップグレード、移行)

クラウド移行の場合には、アクセンチュアの大規模なパートナーエコシステムを通じて、SAP HANAをクラウド(プライベート、パブリック、またはハイブリッド)で展開するためのベストルートをお客様にお選びいただけるよう支援します。

また、以下のようなシステム展開オプションの中からお客様が最適なものを選択できるよう、技術的なアドバイスとサポートを提供します。

  • 新規/既存インフラストラクチャの組み合わせ(データセンターをカスタム移行)
  • 仮想化またはベアメタル
  • 単一のデータベースまたはシステム上に複数のコンポーネント
  • マルチデータベース・コンテナ

移行ルートを選択する

SAP S/4HANA移行ルート

組織によっては、いわゆる「移行」ではなく、SAP HANAを新規に導入して、そこへ既存システムのデータを移行する「グリーンフィールド」と呼ばれるアプローチを採用する場合があるかもしれません。

しかし多くの場合、既存システムの構成要素を選択的にアップグレードして再利用する、既存システムからSAP HANAへの移行が一般的です。これは「ブラウンフィールド」と呼ばれる移行のアプローチです。

このアプローチでは、私たちはまずお客様が現在お使いになっているSAPシステムの内容と、移行に必要な手順(既存のデータベースを活用するか、新しいものに変えるかなど)を検討します。

段階的なアプローチを取ることで、予算やタイムテーブルに合わせて移行費用を適切に管理することができます。移行にあたってどのような変更が必要になるのか、お客様と協働して理解に努めるのがアクセンチュアの手法です。

アクセンチュアのアプローチがもたらす価値

SAPのリーディングパートナーとして、また、SAP HANAを基盤としたソリューション&アプリケーションの実装サービスを提供するトッププロバイダーとして、アクセンチュアは最新の知識と経験を生かし、お客様が最も効率的かつ効果的なアプローチを選択できるよう支援します。

またアクセンチュアは、移行を加速化し、リスクを軽減するための独自の専用ツールの提供も行っています。

Accelerated SAP HANA migration(AHM)は、個々の移行作業を統合し、工業化されたプロセスを適用することで技術的な移行手順を加速化させるツールです。さまざまなツール、アクセラレーター、過去の教訓、ベストプラクティス、専任のチーム、標準化された移行前後の作業プロセスを活用することによって、従来の移行アプローチに比べ時間やリスクを著しく短縮/軽減します。

Accenture SAP HANAプロファイラーツールは、手作業を著しく減らすことで、より安全かつ効率的な移行を実現します。SAP HANAへの移行を検討しているが、システム環境が複雑にカスタマイズされているために大きなリスクに直面しているというお客様を支援するツールです。これまでに6,500件以上の特例をプロファイラーツールで特定/分類し、独自の自動コード修正ツールで検知/修正を実行しています。



お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。




関連コンテンツ