Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


デジタル世界におけるセキュリティの脅威に対応する

ますます高度化するセキュリティの脅威に直面するエネルギー事業者にとって、必要不可欠なセキュリティ対策とは何か?

Overview

インフラにおける効果的なセキュリティのために、エネルギー事業者は包括的なアプローチを今始めることが必要

すべての業界において、サイバーセキュリティの脅威はデジタル領域にますます集中しています。これらは共通してデータ漏洩やマルウェアの形を取り、金融サービス、小売、テクノロジー、ひいては政府系のセクターで極めて定期的に起こっています。

これまでのところ、エネルギー事業者は概ね被害を免れてきましたが、センサーやストレージ機器、宅内エネルギー管理のアプリケーションなどが送電網に接続されるなか、リスクは増大しています。これらのデジタル接続により、送電網が「スマート化」される一方で、脆弱性が増しているためです。

送電網のセキュリティが非常に重要であるため、エネルギー事業者にとって、悪意ある行為から送電網を守り、ネットワークに対する物理的またはデジタル攻撃から迅速に回復するためのソリューションが必要です。包括的な対策を備えたエネルギー事業者は、脅威を寄せ付けない可能性がより高いといえます。

準備態勢についての教訓

"過去の侵害から、最も態勢の整った組織が最も迅速に復旧し、業務に重要な資産とデータを保護できることは明らかです。"
ジム・ギン2世
アクセンチュア オペレーションズ マネージング・ディレクター

ビジネスの回復力とサイバーリスク

マイクログリッドのためのサイバーセキュリティ



マイクログリッドのためのサイバーフィジカル・セキュリティ:重要な電力インフラを保護するための新たな視点

マイクログリッドは、消費者や流通網が直面する課題に対し強力なソリューションを提供することができ、回復力のある電力供給を提供することが可能です。

分散型発電出力、需要の柔軟性およびストレージ資源を局所的に最適化することにより、再生可能エネルギーの生成を大量に統合することができます。

送電網への接続が制限された集落の小規模で独立したシステムや、軍事基地や病院など特定の戦略的用途のために、有効なアプローチを提供します。

しかし、マイクログリッドによるモニタリングや制御機能の増加により、サイバーセキュリティ侵害のリスクを高めていることも事実です。

これらのリスクを軽減するため4つの主な対策が必要です。

4つの主な対策>

・マイクログリッドの強化

・従来のセキュリティ管理評価方法の見直し

・侵害にあった際に回復を図る為の計画と準備

・セキュリティ戦略

READ OUR POINT OF VIEW(英語のみ) [PDF]

Cyber-physical Security for the Microgrid. New Perspectives to Protect Critical Power Infrastructure.