Skip to main content Skip to Footer

リビングサービスの時代

あらゆるモノのデジタル化と“流動的な”消費者の期待から生まれたサービス

リビングサービスとは?

リビングサービスは、2つの側面を持ちます。

  • 消費者のすぐそばにあり、消費者の”暮らし”(=リビング)全体を包み込み、暮らしのあらゆる局面で提供されます。

  • 消費者の習慣や嗜好を学習し、変化し続ける消費者一人ひとりのニーズに対し、”生きている“(=リビング)かのように、絶えず進化を遂げながらリアルタイムで対応します。

このように高度に洗練されたリビングサービスは、かつては想像もできなかったほどの魅力的な体験を生み、消費者の生活を一変させます。

リビングサービスを体験する機会は、「家庭」「家族」「自動車/交通機関」「ショッピング」「余暇の時間」「体」「職場」「家計」「学習」「都市」など、私たちの生活を取り巻くあらゆる場面に存在します。

リビングサービスの発展の道は、コネクテッド・デバイスやコネクテッド・センサー、データアナリティクス、ユーザーインターフェースなどの技術的イノベーションによって切り拓かれつつあります。様々なデータを長期的に分析・学習し、進化することで、常に消費者に最適かつ有益な体験をもたらします。

本レポートでは、次なるビッグウェーブとして到来したリビングサービスの時代とは何なのか、そしてこの新しい時代に企業は何をすべきかを提示しています。

リビングサービスの時代
インフォグラフィックでリビングサービスの特長を見る
[PDF, 1.25MB]

「リビングサービスの時代」紹介ビデオ
メディアヘルプ

リビングサービスを発展させる推進力

リビングサービスを実現するテクノロジー

リビングサービスの発展の道は、下記のような技術的イノベーションによって切り拓かれつつあります。

  1. コネクテッド・デバイス
  2. コネクテッド・センサー
  3. ネットワーク・コネクティビティ
  4. クラウド
  5. データアナリティクス
  6. ユーザーインターフェース

たとえば家庭において、自宅のあらゆる機器を連携したコネクテッドホームは、時間ばかりを浪費する単調な家事の自動化を進め、有益で楽しい活動に費やす時間を増やしてくれます。

職場においては、高度化されたデジタル・デバイスやサービスによって、オフィスでの業務負荷をより効果的に管理することが可能になります。また、労働者の注意力レベルや健康状態のモニタリングにより、単調で退屈な業務を、より楽しめる体験へと変え生産性を向上させます。

企業は今何をすべきか?

リビングサービスが企業にもたらすインパクト

今日のあらゆる企業は、デジタル・ビジネスへの転換を迫られています。リビングサービスの到来は、新たなビジネス機会という面でも、社内プロセスや業務のスピードアップ・効率化という面でも、さらには企業が提供する製品/サービスの進化や革新という面でも、企業のビジネスに大きなポテンシャルを提示しています。そして、さらには大きな課題をもたらしています。

リビングサービスの時代に企業が乗り越えるべき壁

  1. リビングオペレーション(進化し続ける業務オペレーション)
  2. 絶え間ないデザインの実践
  3. マーケティングの刷新 – CXO/CDOの任命
  4. 顧客理解とニーズの予測
  5. 顧客との信頼の構築
  6. 複雑性への対応
  7. 変革をもたらすサービスの実現

『リビングサービスの時代』全文をPDFで読む [PDF, 6.28MB]