Skip to main content Skip to Footer

化学企業の人材マネジメント革新

近年の経営環境の変化から、化学企業における“人材マネジメント”は大きな変革期を迎えている。本稿では、諸々の課題認識を踏まえながら「人材マネジメントの全体最適化モデル」「人材マネジメントの現状と対応の方向性」「HRガバナンスの方向性」について論じていく。




素材・エネルギー本部
シニア・マネジャー
蓑毛 寿郎

近年の経営環境の変化から、化学企業における“人材マネジメント”は大きな変革期を迎えている。付加価値の源泉に占める「人材」比重の高まり。事業のグローバル展開の加速に伴う、異言語・異文化の人材登用及び企業所属意識の醸成。団塊世代の退職による熟練人材の流出。人材獲得競争の熾烈化により求める人材の獲得難。
このような課題認識を踏まえながら「人材マネジメントの全体最適化モデル」「人材マネジメントの現状と対応の方向性」「HRガバナンスの方向性」について論じていく。

(関連記事)

化学に関するアクセンチュアのサービスその他の詳細は、お問い合わせフォームをご利用ください。

(関連リンク)