Skip to main content Skip to Footer

化学業界のM&A

化学業界でもM&Aを中期経営計画に盛り込んでいる企業は多い。本稿ではM&A成功のコツ「M&Aタイプ別KSFを押さえた適切な打ち手」と「恒常的M&A実施によるPMI等のM&Aスキルアップ」の2点を中心に考察します。

戦略グループ著

近年、日本においてもM&Aがコモディティ化して久しい。化学業界でも機能性化学など高付加価値・先端技術分野の強化を目的としたM&Aを中期経営計画に盛り込んでいる企業は多い。また、海外に目を転じると、投資ファンドは言うに及ばずオイルマネーを武器にした中東勢も化学業界のおける主要なM&Aプレイヤーとして紙面を賑す機会が増えてきた。 しかし、M&Aの成功確率は一般的に2割~5割程度とさほど高くないのが実情である。本稿では、M&A成功のコツとして、「M&Aタイプ別KSFを押さえた適切な打ち手」と「恒常的M&A実施によるPMI等のM&Aスキルアップ」の2点を中心に考察する。

月刊「化学経済」2007年9月号掲載

(関連記事)

化学に関するアクセンチュアのサービスその他の詳細は、お問い合わせフォームをご利用ください。

(関連リンク)