Skip to main content Skip to Footer

公益事業の将来像:四つのシナリオ

公益事業の将来像:四つのシナリオ




規制緩和、民営化、集中化、テクノロジーの進歩によって消費者のエネルギーの入手方法、使い方、関わり方は変わってきました。そして、世界中のエネルギー企業は、業界構造と競争関係が根本から変化する劇的な変革の途上にあります。

広範な調査と世界各国の業界指導者との対話を通じてアクセンチュアは、「提供する商品・サービスの種類」と「プレーヤーの数」という二つの軸を中心に、業界の将来像を明瞭な四つのシナリオとして整理しました。この四つのシナリオは、公益事業の将来予測を行うための枠組みを与えています。シナリオが提示する展望に基づき市場セグメント別の具体的なサブシナリオを作成し、最終的には組織レベル・事業セグメントレベルでの戦略的対応を導出することが可能になります。

シナリオI:閉鎖的市場(商品・サービスの種類、プレーヤーの数、共に少) 実際には変化なし - 顧客は同じ企業から同じエネルギー製品をほぼ同じ値段で購入します。

シナリオII:多様化の罠(商品・サービスの種類は少、プレーヤーの数は多) 顧客は精力的で集約的なエネルギー商品市場の恩恵に浴しますが、既存の事業者にとっても新規参入者にとっても利幅は薄くなり、成長の機会はほとんどなくなります。

シナリオIII:素晴らしい居心地(商品・サービスの種類は多、プレーヤーの数は少) 付加価値サービスがさらに出現、提供され大部分の一般顧客はそれを受け入れます。既存の事業者は保護規制の下で高い収益性を確保します。

シナリオIV:入り乱れての競争(商品・サービスの種類、プレーヤーの数、共に多) テクノロジーの進歩と無制限の競争により、さまざまな補足的商品と小売サービス市場が形成され、顧客にとっては、前例のない選択肢と全面的なエネルギー・コスト節減をもたらします。

公益事業に関するアクセンチュアのサービスその他の詳細は、お問い合わせフォームをご利用ください。