Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


コンサルタントが語る
ビジネス・プロセス・サービス

Talent & HR BPS


人事部門を取り巻く
環境変化/進まない改革

植田 順

アクセンチュア株式会社
オペレーションズ本部
ビジネス プロセス サービス グループ
マネジング・ディレクター
植田 順

これまでにはないほど人事部門を取り巻く環境には大きな変化が起こっています。日本国内における労働人口の減少に加え、今後の労働力の中核になるのは新しい価値観を持つミレニアル世代が中心となります。

また“働き方改革”という日本では共通言語となった職場環境・仕事そのものの見直し・改善への対応や、RPA・AI等の技術革新の急速な進展によるあるべき業務の見直し・求める人材像や人材を支えるポリシー・制度や各種人事施策の抜本的な見直し等への対応も必須のものとなっています。

これら優先度の高い経営課題が山積みとなっているのが今の人事部門でしょう。またこのような本社マネジメント機能としての側面に加え、直接的にビジネスを支える人事機能への期待も高まっています。多くの業種においてグローバル競争に勝ち抜くために優秀な人材の獲得・育成を通して人材競争力を向上させること、また最適な人材配置のためにガバナンスを強化することは、10年以上に亘る経営からの大きな期待ではありますが、未だに大きな課題として積み残されているのが実情だと思います。

このような環境の中で人事部門はどのような優先順位・ロードマップで改革を進めるべきかを決めあぐねているように感じます。『働き方改革に取り組み、従業員の生産性を向上したい』、『次世代を担う若手の採用がうまくいかない』、『海外現地法人で人材の定着率が悪い』、『人事に関連するオペレーション業務はシェアード子会社に集約したが、改善も進まずコスト削減が実現できているかどうか分からない』等、アクセンチュアのもとには、業界を問わず多くの人事部門から相談・支援要請が来ます。各社の人事部門の悩みは様々ですが、課題設定が単発的なテーマとならないよう人事部門全体のトランスフォーメーションを意識しながら改革を推進していくことが必要であると考えています。

アウトカム重視の
人事部門へ

日本企業の人事部門は経営・事業に向けた貢献よりも、従業員に向けた業務・サービスに偏重する傾向が強いのが現状です。これまでの日本の人事部門は、右肩上がりの成長の中、従業員サービスという名の業務に注力してきました。誤解を恐れずに言うと、外部の目には過剰サービスと感じることも多々あります。前述の環境変化を考えると、これまでの様な従業員に甘えを助長させる手取り足取り型での従業員サービスではなく、いかに従業員が生産性高く働ける環境を整備するかに注力すべきであると考えています。デジタル技術を活用したワークプレイスを構築することも一つのテーマとなるでしょうし、従来とは異なる価値観を有する次世代の人材にとって魅力ある職場環境を構築することも重要なテーマでしょう。このような環境整備は、従業員サービスのみならず、結果として経営・事業への貢献にもつながると考えていますし、今後は従来の従業員サービスと同等もしくはそれ以上に、経営・事業への貢献を意識すべきだと考えています。アクセンチュアは人事BPSの成果としてビジネスアウトカムを意識しています。

これらの成果を創出するためには、人材に関連するあらゆる情報を蓄積・分析する必要がありますが、データベース等のプラットフォームを有し、またその情報を活用できるケイパビリティを持った人事部門は、現時点では多く存在するとは言い難い状況であると認識しています。

足りないケイパビリティは
外部から調達せよ

これからの人事部門に必要なケイパビリティは、デジタル化・新たな世代を前提とした人材戦略・タレント情報分析といったものであり、従来とは異なるものとなるでしょう。これまでの人事部門にとっての外部活用とは、給与計算・厚生業務等の定型業務を低コスト化するための手段が中心であったと思いますが、これからは新たに必要となるケイパビリティを補完するパートナーとしてうまく外部を活用すべきであると考えています。

アクセンチュアが提供するBPSは、システムとオペレーションを同時に提供するAs A Service型へと変わってきました。特にタレントマネジメントの分野では、過剰なシステム投資を避けながらも新たなプロセスを早期に実現するための支援を実施しています。また人事情報管理・各種申請業務・給与・厚生業務等のオペレーション業務に関しては、効率化・品質向上としてRPAの導入を進めています。

アクセンチュアは日本企業向けにも数多くの人事BPSによる支援を行っており、これらの各プロジェクトではトランザクション量・処理実績、各種問い合わせ・エスカレーション実績とその事由、オペレーション実行上のKPI等、業務を可視化しその実績を定量的に把握しています。可視化・定量化することにより『なぜこの業務は他の業務に比べて工数・リードタイムがかかるのか?』、『なぜこの業務は従業員からの問い合わせが多いのか?』と言った課題が浮き彫りになります。

足りないケイパビリティは外部から調達せよ

とある人事BPSプロジェクトのサービスデリバリーの現場から、『通勤費・経路の確認業務について自動化を実施したい』と提案がありました。アクセンチュアがBPSを提供している日本企業向けプロジェクトと、通勤費関連業務の規定のパターン(チェックすべき項目)と申請1件当たりの処理工数を比較したところ、提案があったプロジェクトはチェック項目で約5倍、処理工数では約3倍の水準であることが分かりました。

また規定のパターンは多いものの、今となっては使われていないケースがいくつも存在することも可視化されました。このプロジェクトではRPAの導入により通勤経路の確認業務の大半が自動化され、約50%の工数削減と確認業務のミスを完全に無くすことができました。またお客様の人事部門内でも使われていないケースの取り扱いについて議論され、一部規定の見直しに着手されています。

グローバルレベルでの
トランスフォーメーション

グローバルレベルでのトランスフォーメーション

このように分析業務までを包含したAs A Service型人事BPSは、グローバルレベルで取り組んでこそ効果を発揮する施策だと認識しています。もちろん各社がこれまでどのように海外展開を進めてきたのか個社別の背景があり、海外を巻き込み足並みを揃えることが非常に困難であることは認識しています。しかしながらビジネス部門がグローバル視点で最適化を進めていることと同様に、人事部門としてもグローバルレベルで人材マネジメントの仕組みを見直すことが必要でしょう。
『どこの国・地域にどのような人材がいるのか』と言った人材情報基盤の整備により人材を多面的に把握し、最高のパフォーマンスを発揮する人材配置・チーム構築をサポートしていくべきであると考えています。

アクセンチュアはグローバル各社のシェアードサービス拠点として、グローバル50か所以上から約30言語でのAs A Service型人事BPSを提供しています。人事業務の効率化・高質化のみならず、強固なガバナンス構築を実現し、CHROを支える重要なピースとして支援を実現しています。進化を続ける弊社人事BPSを活用し、ともに現状から脱却し強い人事部門へ生まれ変わりましょう。

関連コンテンツ​