Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


HfS Research: Intelligent Automation 2016にて、アクセンチュアが最上位の評価を獲得

オートメーションにアナリティクスを組み込み、垂直統合されたソリューションを展開することで、イノベーションの可能性を広げている点が高く評価されています。

イノベーション・リーダー

アクセンチュアは、HfS Research社(以下HfS)によるインテリジェント・オートメーションに関する第1回評価レポート HfS Research Blueprint Report: Intelligent Automation 2016 において最上位の「Winner's Circle」に選出されました。

アクセンチュアは包括的なオートメーション戦略や戦略的に組み込まれたアナリティクス、垂直統合されたソリューション、エコシステムパートナーとの密接な協働関係が高く評価されています。HfSのアナリストはアクセンチュアを「オートメーションにアナリティクスを組み込み、垂直統合されたソリューションを展開することでイノベーションの可能性を広げているグローバルなシステムインテグレーターである」と評しています。

また、アクセンチュアがサービスプロバイダーとして最上位にあるのは、即座に使用可能なAI Engineを用意している点と、Accenture myWizardプラットフォームが提供する広範囲にわたるコグニティブ能力を有している点によるところが大きいと同リポートは分析しています。

プレスリリースを読む(英語)

調査について

Blueprint Reportは、インテリジェント・オートメーションのサービスプロバイダー主要20社の能力を分析し、同じ比重を持たせて分けた「イノベーション」と「実行力」の2分野において、多数の判断項目にてプロバイダーを評価しています。またHfSは「Winner’s Circle」に選出したサービスプロバイダーを「特定分野において他社にはない競争優位性を持ち、成果重視でオンデマンドな人材サービスおよびテクノロジーサービスであるアズ・ア・サービスエコノミーの実現に向けて前進を続けているプロバイダー」と定義しています。



お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。



関連コンテンツ