Skip to main content Skip to Footer

製造業界でIIoTを最大限に活用するために

スマートな製造環境の構築により、メーカーは生産効率を高めながら、ワークフォースの柔軟性と製品の品質を同時に改善することができます。

概要

メーカーはインダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)を活用することによって、インテリジェントかつコネクテッドな「スマートな生産プロセス」を構築することができます。

IIoTは今後、製造業界に大きな変革をもたらします。アクセンチュアは、こうした視点から製造企業がスムーズな転換を果たすためのロードマップをご用意しました。

具体的には、スマートな生産プロセスの実現に不可欠な6つの側面、すなわち製造設備、ワークフォース、マテリアル・サプライチェーン、ビジネスプロセス、プラットフォーム、プラント&環境についての検証を行いました。

IIoTがもたらす転換に向けて、すでに完璧な準備が整っているメーカーはほとんど存在しません。また、スマートな生産プロセスの構築に取り組み始めたメーカーの間でも、その進捗には大きな隔たりがあります。アクセンチュアは、こうした取り組みを前進させるためのさまざまな支援を行います。

スマートな生産プロセスを構築する上での鍵を握るのは、確かなビジネスケース、オペレーション技術と情報技術を統合するスキル、技術的な変化への即応力、ワークフォースの迅速なスキル向上、およびセキュリティ・ソリューションの素早い導入です。

スマートな生産プロセスについて、さらに詳しく知る(英語のみ) [PDF, 747KB]

背景

アクセンチュアでは、IIoTを「インテリジェントな製品、プロセスおよびサービスが、インターネットを介して相互に情報をやりとりし、さらに人とのコミュニケーションも可能にする環境」と定義付けています。IIoTは、メーカーにとって過去に例のない大転換をもたらす産業革命であり、リソースの配分や生産プロセス、マテリアルのハンドリング、ワークフォースに関する考え方を一新させます。

IIoTがもたらすインパクトは計り知れません。たとえば、設備類が故障する時期を事前に調査・予測し防止する「予防保全」では、故障率を最大70%まで減少させることができます。またIIoTの普及が始まれば、現場の生産性は最大で30%向上することが見込まれます。このIIoTの活用と予防保全を同時に実施することで、企業は最大で12%のコスト削減と同時に、保守コストも最大で30%まで減らすことができます。

では、IIoTの活用にはどれだけの労力が必要とされるのでしょうか。また、導入に当たって具体的にどのような点に注意しなければならないのでしょうか。

主な知見

アクセンチュアの調査結果から、企業によるIIoTの活用は以下の図のような4つのフェーズを経て進化していくと考えられます。

オペレーション効率の改善(フェーズ1)は、IIoTの活用に向けた基盤となるビジネスケースを築くものです。このフェーズでは、メーカーがIIoTのさらなる有効活用を推進する上で必要となるインフラの構築も行われます。メーカーはIIoTのさまざまなメリットを生かしながら、新たな収益源を確立していくことになります。

メーカーにおける生産プロセスとIIoTの統合が進むにつれて、新たな製品/サービス・ビジネスモデルが策定され(フェーズ2)、そこから目に見える成果が得られるようになります(フェーズ3)。この段階を経ると、インテリジェントマシンを使ったリアルタイムなニーズの把握を特長とするプル経済(フェーズ4)が実践されるようになり、高度に自動化され、柔軟性に優れた生産ネットワークおよびフルフィルメント・ネットワークが形成されていきます。