Skip to main content Skip to Footer

Industrial internet of thingsが実現する新たな成長

インダストリアルIoT(IIoT)は、各種産業のオペレーション効率を改善する手段として期待されています。しかしIIoTが秘める価値はそれにとどまりません。


IIoTで成長機会をつかむ3つのアプローチ

インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(Industrial Internet of Things: IIoT)はこれまで、各種産業の「オペレーション効率を改善する手法」として注目を集めてきました。

しかし、IIoTが秘める価値はそれにとどまりません。企業はIIoTを活用することで、収益を向上させたり、イノベーションを促進したり、ワークフォースを変革したりすることも可能です。すなわちIIoTは、さまざまな企業にとって、今まで想定しなかったような大きな成長の機会になり得るのです。


3つのアプローチと7つのステップ

どうすればIIoTがもたらす機会を活かせるのか? その問いに答えるため、アクセンチュアはIIoTの活用事例や研究成果を調査するとともに、お客さまや専門家へのヒアリングを重ねてきました。その結果、次の3つのアプローチが有効だと明らかになりました。

  1. 生産拡大とハイブリッド・ビジネス・モデルの創出による大幅な収益増
  2. インテリジェント・テクノロジー(知能技術)を活用した画期的なイノベーションの促進
  3. IIoTに適したワークフォース(労働力)の変革

さらにアクセンチュアは、IIoTがもたらす機会を迅速かつ確実に成果に結びつけるための7つのステップを見極めました。詳しくはこちらをご覧ください。


さらに知見を深める

IIoTは自社に何をもたらし得るのか――。それを見極めるのは、特に事業規模が大きい企業にとっては難しい課題です。アクセンチュアは、「可能性がある」という視点にとどまらず、「何が実現可能なのか」を考察したレポートも発表していますので、それらも併せてご覧ください。


インダストリアル・インターネット・オブ・シングスで成功を収めるために
――生産性を高め、成長を加速させる

詳しくはこちら

Technology Vision 2015:
デジタルビジネスの時代――業界の垣根を越えて

詳しくはこちら