Skip to main content Skip to Footer

通信事業向けオペレーションズ・アズ・ア・サービス分野No.1の評価を獲得

アクセンチュアは、HfSリサーチによる最新レポートにおいて、「As a Service Economyにおける通信事業のデジタル化に関して卓越したビジョンを有する」「通信業界大手50社の顧客数が最も多い」と評価されました。

概要

HfSリサーチは、2016年5月に発表したHfSブループリント・レポート『Telecom Operations As-a-Service(通信事業向けオペレーションズ・アズ・ア・サービス)』において、アクセンチュアをアウトソーシング/BPO関連業界の「Winner’s Circle(勝ち組企業)」の1社として、革新性における最も優れたリーダー企業に、実践力におけるリーダー企業として評価しました。HfSはアクセンチュアについて、「通信企業が変革を実現し、統合的なデジタル・サービス・プロバイダー(IDSP, integrated digital service providers)として現代のデジタル経済で競争優位性を発揮するための先進的なビジョンとロードマップを有している」と指摘。さらに、アクセンチュア・オペレーションズの強みの1つとして、アクセンチュア・ストラテジーおよびアクセンチュア・デジタルとの協働によって、IDSPを強力にサポートすることができる点を挙げました。

HfSは本レポートにおいて、「アクセンチュアは、通信企業におけるデジタル・オペレーションを支援するツールおよびテクノロジーへの継続的な投資と開発を通じて、通信企業の段階的なデジタル変革を支援し、さまざまなビジネス・プロセスのアズ・ア・サービスモデルへの転換を推し進めている。そして、これらの戦略とサービスの背景には、一貫したアズ・ア・サービス・エコノミーの理念がある」とも述べています。

またHfSは、アクセンチュアのアナリティクスを積極的に活用した成果主導のサービスについても高く評価し、「アナリティクスの分野において確固とした評価を確立している」「設備投資の効率改善、プロセスの効率改善、コスト削減、顧客満足度、コンプライアンスといった有形のビジネス成果にフォーカスしている企業として、クライアント企業に認知されている」と指摘。加えて、アクセンチュアは「通信業界において多くのクライアント企業を支援し、業界大手50社の取引先企業数が突出している」との分析結果も明らかにしました。

ニュースリリースを読む

背景

HfSブループリント・グリッド:通信ビジネス・オペレーション分野のアズ・ア・サービス

© Copyright HfS Research. 出典: HfS Research Blueprint: Telecom Operations-as-a-Service. May 2016 by Pareekh Jain, Research Director.

HfSブループリントは、革新性と実践力という2つの重要な側面からサービス・プロバイダーのさまざまな特性や能力を測定し、各社の違いを明らかにしています。

HfSブループリント・レポート『TELECOM OPERATIONS AS-A-SERVICE EXCERPT FOR ACCENTURE 2016(通信事業向けオペレーションズ・アズ・ア・サービスにおけるアクセンチュアの評価 2016)』を読む [PDF]


お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。





関連コンテンツ