Skip to main content Skip to Footer

新たな分野でトップに立つ 

創造的破壊の実現へ

創造的破壊は必ずしも一瞬にして起こるわけではありません。その破壊力は市場を席捲した時に明白になりますが、あらかじめ予見し得る場合も少なくありません。つまり、創造的破壊というのは、一定の見通しのもとで対処、コントロールが可能であり、自らたぐり寄せることすらできるのです。

トランスクリプトをダウンロードする(英語) [PDF]

創造的破壊の実現へ

変革実現に向けた4つの優先課題


新たな分野でトップに立つために、今からすべきこと

創造的破壊の実現に向けた価値創造に向け取り組んではいるものの、組織が従来のビジネス手法からうまく脱却できない場合、以下の4つのステップで企業文化や業務を改革することが可能です。

コアビジネスの変革

アジリティ(俊敏性)の向上とコスト構造の見直しにより、既存のコアビジネスにおける柔軟性を高め、収益の改善と投資能力の拡大を実現します。

コアビジネスの成長

新たなインサイトの獲得を目的に、デジタル・マーケティングとアナリティクス領域に投資し、新たなニーズの発掘と市場展開に向け、ウェブ/モバイルでのインタラクションを改善します。

新たなビジネスの拡大

それぞれのイノベーションの成熟度に合わせ、企業内部にイノベーション・アーキテクチャ(イノベーションの拠点や研究所、パートナーシップなど)を構築し、展開します。

ビジネスの
切り替え

変革を推進する上ではバランスへの配慮が欠かせません。仮に従来のコアビジネスから新たな分野に急速に方向転換を試みた場合、過剰投資や資金不足を招くリスクがあります。反対に、変革に時間をかけ過ぎると、取り組みそのものが時代遅れになってしまいます。

変革に向けた転換



変革に向けた計画的なアプローチの実践

変革は一時的な施策としてではなく、継続的かつ計画的に進める必要があります。

インテリジェント・エンタープライズへの転身

変革に向けた取り組みを成功に導くためには、新たな資産の保有を最小限にとどめながら、顧客中心主義を徹底し、顧客との信頼関係を高めていくことが重要です。

今こそ実行の時

急速に変化するニーズに応えるためは、企業自身が変革し続けなければなりません。チャレンジが求められる領域を正しく見極め、重大な局面で戦略的意思決定を確実に行うことが必要なのです。  


インテリジェント・エンタープライズでは、新たに手に入れた実行能力と既存の業務モデルを統合させたアーキテクチャを基盤とし、俊敏性や効率性、生産性、創造性を段階的に向上させることが可能です。

AIとの協業に投資することにより、2022年までに38%の収益向上が可能だと推測されます。

テクノロジーの進化によって企業が得るメリットは、コスト削減や効率性向上にとどまりません。大幅なスピードアップや規模の拡大も期待できます。よりスマートな製品やサービスも生まれます。‟破壊される側”から‟破壊する側(ディスラプター)”へ進化することも可能になります。

業界の未来は、破壊的創造を推進する既存企業にかかっています。

マイクロサービスの活用と残存するモノリシックシステムへの対応

セキュリティ・パフォーマンスの再定義と実現手法

あらゆるモノのデジタル化と“流動的な”消費者の期待から生まれたサービス

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ