Skip to main content Skip to Footer

年金危機をチャンスへと変える生命保険会社の対策とは

年金危機対策に関するアクセンチュアの論考。アクセンチュアが実施した消費者向けリタイアメントサービスに関するグローバル調査を基に、生命保険会社が採るべき対策を考察しています。

リタイアメントサービス需要が拡大生命保険会社の対策とは?
リタイアメント商品に対する認知度が低い理由は、一般的に消費者自身が老後準備に消極的なためだと考えられてきました。しかしながら、最近アクセンチュアが実施したリタイアメントサービスに関するグローバル調査1 において、消費者は貯蓄を使い果たすリスクを十分に認識しており、退職後に備えた投資にも非常に意欲的であることが判明しました。この調査結果から推察されるのは、実は保険会社側の販売方法に課題があったということであり、また商品力や評判の欠如が問題だということです。

当レポートではグローバル調査結果を踏まえた上で、保険会社と関連性の深い項目を考察していきます。顧客セグメンテーションをより高度化する必要性を吟味し、個別セグメントにて必要となる魅力的な商品・アドバイスの提供、及び顧客との関係構築に関する戦略の必要性について考察しています。

また、広範な地域における様々な専門調査を実施した結果、リタイアメント市場全般において必要な競争力を網羅する保険会社は数社しか存在しておらず、また、その獲得に意欲的な目標を持つ企業も僅かであることが判明しました。

【関連記事】
日本の調査対象者500名の回答結果をさらに詳しく分析した結果を、「年金についての アクセンチュア・グローバル調査 ~国内生命保険会社のビジネス機会」にてご紹介しています。こちらも併せてご覧ください。