Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュア・グローバル・オペレーションズ・メガトレンド調査

グローバル調査の結果から、オペレーション領域担当の経営幹部がいかにサプライチェーンのリスクマネジメント、ビッグデータ・アナリティクスなどの課題に対応しているかを紐解きます。

概要

リスクマネジメント、ビッグデータ・アナリティクス、新興市場における成長の実現をサポートする最新のサプライチェーンについて紐解きます。

絶え間なく変動する今日のグローバル経済下で、高い収益性を維持しながら持続的な成長を実現することは非常に困難です。企業がグローバル・オペレーションを効率的に管理し、変動する需給に対応し、新商品・新サービスの開発を行うためには、優れた機動力を備えたサプライチェーンが不可欠です。

このようなサプライチェーンはいかにして構築できるのでしょうか。アクセンチュアは、グローバルでビジネスを展開する大手企業の上級幹部1,000人以上を対象に調査を実施しました。本調査では、オペレーションのリーダーである回答者が、以下3つのビジネスにおける重大な側面にどう対処しているかを探りました。

  • サプライチェーンのリスクマネジメント
  • ビッグデータ・アナリティクス
  • 新興市場におけるビジネス拡大

本調査によって、企業に成功をもたらすサプライチェーンの手法が明らかになりました。ハイパフォーマンス企業はこれらの手法を用いて、リスクマネジメントへの投資対効果を高め、ビッグデータ・アナリティクスが生み出す利益を拡大し、新興市場における成長を促進することで成功を収めています。

主な知見

企業の経営者は、リスクマネジメント、ビッグデータ・アナリティクス、新興市場における成長について、どのように捉えているのでしょうか。

  • サプライチェーンの構築・運営においてはリスクマネジメントを最優先する。
    回答者の76%は、サプライチェーンにおけるリスクマネジメントは重要、または非常に重要だと回答しています。また61%のリーダーは、リスクマネジメントは戦略的に必要不可欠であるとしています。

  • ビッグデータ・アナリティクスを日々のオペレーションに組み込む。
    回答者の3分の1以上が、サプライチェーンにおけるアナリティクスの活用を真剣に検討しており、10人中3人はすでに取り組みを始めていると回答しています。このような先行企業は、それ以外の企業と比べて約6倍の割合で10%以上のサプライチェーン効率向上を実現しています。

  • 新興市場における高い成長を促進する。
    ほとんどの回答者は、過去3年間に新興市場においてビジネス拡大を実現したと認識しています。さらに、それ以外の企業と比べて2倍もの企業が、サプライチェーン改革が新興市場における20%超の成長に貢献したと回答しています。

提言

サプライチェーンのリスクマネジメントへの投資対効果(ROI)が100%を超えている企業のオペレーションに共通する特徴として、下記3つが挙げられます。

  • サプライチェーンのリスクマネジメントを優先課題にする。
  • サプライチェーンのリスクマネジメントを一元管理する。
  • サプライチェーンのリスクマネジメントにおいて、エンド・ツー・エンドでの見える化とアナリティクスに焦点を当てて、集中的に投資を行う。

ビッグデータ・アナリティクスへの投資からより高いリターンを得るには、下記3つの実行が重要です。

  • 企業価値創出のために、全社横断型のビッグデータ・アナリティクス戦略を策定する。

  • 意思決定を改善するために、ビッグデータ・アナリティクスを日々のサプライチェーン・オペレーションに組み込む。

  • 高度なアナリティクスのスキルを持ち、ビジネスと業界の知識を併せ持つ人材を採用・維持する。

下記4つのサプライチェーンの運用手法が、新興市場における成功の実現におけるカギとなります。

  • 新興市場においてイニシアチブを取るためには、幅広いアプローチを組み合わせてサプライチェーンのサポートを行う。

  • 新市場で他社との差別化を実現するために、品質と市場特性を主眼に置いた低コスト構造を実現する。

  • テクノロジーを活用して業務効率性を高め、柔軟性と意思決定力を強化する。

  • 変化し続ける市場のダイナミクスに後れを取らないよう、サプライチェーンのオペレーションに積極的な投資を行う