Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


概要

デジタル化の対応に遅れた企業は大きな打撃を受け、今後もその流れは続くでしょう。急速に変化し続けるテクノロジーの時代にあって、様々な世代が労働市場に出入りするにつれて、労働観の定義も変化しています。企業経営者たちは、長期的なメリットと株主の利益のために、変化に素早く反応し、第4次産業革命のパワーを活用しなければなりません。変革の中心において、社員や部下のことを一番に考えることが必要です。新たなリーダーシップに求められていることは何か。「今、将来のワークフォース(労働力)を生み出すこと」です。


VIEW THE REPORT [PDF]

主な知見

主な知見

ビジネスリーダーたちは、自分の社員や部下が変化に適応し、適切に業務を行えるよう人材を育成することが急務です。企業だけでなく、そこで働く従業員や社会全体にも大きな影響を及ぼすからです。すでにデジタルに精通した労働力を構築できているなら良いことです。従業員が新たなテクノロジーを活用して労働生産性を上げ、優秀な人材を獲得・維持し、さらにイノベーションや創造力を発揮するなど、より付加価値の高いビジネスを実践できるように組織を再編することができます。逆に言えば、変革を起こすのは今です。多くの人材を時代の背後に取り残し、自社の競争力を弱めてしまわないために、企業経営者たちは人材を第一に考えることが求められているのです。

未来のワークフォースを形成していくにあたり、組織のリーダーに向けて次のように提言します。

  • スキル再学習を加速する

  • 人の能力を最大限に発揮できるよう仕事を見直す

  • 人材の供給源からのパイプライン強化を図る

アクセンチュアが世界各地のビジネスリーダーやエキスパートと行ったインタビューや議論からも、社員の能力やテクノロジーを最大限活用するよう、企業経営者たちが社会的・経済的な対応をはかるべき時期に来ているのは明らかです。



“デジタル環境の真っただ中にいる人でも、トランシーバーなど昔のテクノロジーを未だに使用しています。私たちに今必要なのはデジタル化。デジタル化とは人を排除することではなく、より安全に効果的に作業を進めることです。デジタル化により新たな仕事が生まれ、仕事のあり方も変化していくでしょう”

Michael Lefenfeld氏
SiGNa Chemistry社、代表兼CEO(最高経営責任者)

Country Findings

COUNTRY FINDINGS

Learn more about worker opinions in your country.

今後5年間にテクノロジーが業務にもたらす変化について楽観的に考える人の割合

0%

今後5年間に自動化が業務に与える影響を前向きに捉えている人の割合

0%

今後5年間に業務の一部が自動化されると予想している人の割合

0%

常に業務を適切に行うために、自由時間に新たなスキルを学ぼうと考える人の割合

0%

今後5年間、常に業務を適切に行うために必要なスキルのランキング

Skills Icon

    提言

    提言


    将来の労働力を今生み出すために、リーダーに必要なのは…

    デジタルリーダーになる

    デジタルリーダーになる

    組織の上から下まで、全社一丸となって再学習に取り組む


    オープンソースを活用する

    オープンソースを活用する

    自社の企業DNAを維持しながら、より幅広い社員が再学習に取り組めるよう適切なバランスを取る。


    労務政策に取り組む

    労務政策に取り組む

    ロビー活動や産業界の運動を通して、リーダーの影響力を公共政策にも反映させる


    果報は寝て待て

    果報は寝て待て

    組織に対する直接的な見返りや新たな利益はあまり期待せず、長期的な投資を行う。


    将来の良き世話役となる

    将来の良き世話役となる

    未来へ向けた才能育成を、自社の戦略的な優先事項とする。

    ハイライト

    ハイライト

    著者

    著者






    関連コンテンツ