Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


次世代アナリティクスは企業改革のエンジン

~IoT、AI、Robotics業界や企業の壁を超えるアナリティクストランスフォーメーション~

秦 純子

製造・流通本部
マネジング・ディレクター
秦 純子

アナリティクスやビッグデータ、データサイエンスといった言葉が日本でも広く聞かれるようになってから、すでに十年近くが経過し、現在は耳慣れた言葉となりましたが、アクセンチュアは、アナリティクスが一部門や一企業の改革の範囲を超えて、企業や業界の壁を超える改革のエンジンになりつつあると考えています。

探索的データ解析にモデリングを融合させるとともに人工知能の競争優位性と人間の英知を最適な形で組み合わせ、課題ごとに個別に設計し、人々の行動を検知する。難しいようですが、端的に言うと多様なオンライン・モバイルチャネルの台頭によって商品よりサービスに価値を見出す「気まぐれな消費者」が出現し、バリューチェーンのあらゆるポイントで起こる企業とのタッチポイントを最大限活用することが企業の勝因を分けている、ということです。すべては顧客起点で、お買い物を囲む日常をより深く理解し、寄り添うことが重要になっています。

新たなビジネスモデルを形成するエンジンになりつつあること、業界や企業の枠を超えた改革が始まっていることをアクセンチュアの知見をもとに具体例を示しながら紹介させていただきます。またコラムとして、Accenture Digitalのエキスパートにより、マーケティングの世界がデジタルによってどういった将来形に移行しようとしているかについてもご紹介したいと思います。

お問い合わせ



お客様導入事例その他、開示可能な情報もあります。

詳細な資料をご希望の方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください。

TEL:03-3588-4453 (製造・流通本部直通)