Skip to main content Skip to Footer

次世代IT組織の方向性

~マルチスピードITを目指した組織設計

佐藤 修康

2004年入社
金融サービス本部
シニア・プリンシパル

デジタル化により、ビジネスは複合競争時代を迎えている。既存コア事業の取組に加え、新たな成長源泉の獲得を狙う取組(“イノベーション”)が複線化している状況にある。

IT部門はこれらの多様化するニーズに柔軟に応えられることが理想的だが、その取組にIT部門が主導的な役割を果たしている金融機関は少なく、既存のコアシステムの対応に軸足がある。

一方で、既存コアシステムにおいても更なる効率化、New IT活用が求められている。どこに力点を置いたIT組織にすべきか迷っているのが本音ではないだろうか。

本稿では、「マルチスピード型IT組織」へと転換させることを目指した、IT部門としての組織設計の視点について論じたい。


PDFダウンロード

(関連リンク)