Skip to main content Skip to Footer

2018年 保険業界を占う~❝Digital=Global❞未来の勝者への分岐点

差し迫った脅威と機械への、グローバルの取り組み状況などを説明する。
林 岳郎

金融サービス本部
マネジング・ディレクター
保険グループ統括
林 岳郎
2000年入社

フィンテック、エコシステム、デジタルシンキングなどデジタル時代に必要な要素は枚挙にいとまがない。

各社は重要施策と位置付け、デジタルトランスフォーメーションに取り組んでいるが、その活動は形式的になり、形骸化し方向性を失いつつあるのではないか?

グローバルのリーディングカンパニー及び国内の数社は、デジタル化を真の脅威そして機会と据え続け、短・中期的な変革を弛まなく進めている。本稿では差し迫った脅威と機械への、グローバルの取り組み状況などを説明することで、再度デジタルトランスフォーメーションの位置づけ、フォーカスポイントの見直しなどの示唆となれば幸いと考える。

PDFダウンロード [PDF]

(関連リンク)