Skip to main content Skip to Footer

データに基づく経営判断を促進する仕組み ~非財務・非構造化データの活用

FSアーキテクト Vol.46:本稿では、本邦金融機関の経営管理の高度化に向けた足掛かりとなることを期待し、データに基づく経営判断を促進する仕組み作りに関する2つのポイントを紹介する。
芦田 琢治

金融サービス本部
ファイナンス&リスクグループ
シニア・マネジャー
芦田 琢治

2008年 アクセンチュア㈱入社


金融機関の経営を取り巻く環境の不確実性が高まっている。不確実な環境において金融機関が成長を継続させるには、データに基づく経営判断が重要である。

データに基づく経営判断を促進する仕組み作りには2つのポイントがある。1つ目は、データオフィサーが収集データの品質を担保し、経営判断を支援する分析力を提供することである。2つ目に、財務データだけでは分析しきれなかったビジネス変化の要因把握やコスト効果検証を、非財務・非構造化データの活用により実現することである。

本稿では、本邦金融機関の経営管理の高度化に向けた足掛かりとなることを期待し、これらの取り組みを紹介する。

全文をPDFで読む [PDF, 610KB]


(関連リンク)