Skip to main content Skip to Footer

求められるディストリビューション・モデルの変化 ~テクノロジーを梃に顧客の声に応える

FSアーキテクト Vol.45:アクセンチュアが実施した調査に基づく、今後、保険会社が取りうるディストリビューション・モデルの選択肢について考察したい。
石井 教介

金融サービス本部
マネジング・ディレクター
保険グループ担当
石井 教介


人工知能(AI)やIoT、ビッグデータ・アナリティクスといった革新的なテクノロジーの進歩は、各産業において、より頻繁な顧客への接触とカスタマイズされたサービス提供を可能としている。

保険会社においても現在顧客への提供価値を飛躍的に高めることができる絶好のチャンスである。

本稿では、弊社が2016年に実施したAccenture Financial Service Global Distribution & Marketing Consumer Survey(日本を含む22か国・計3万人以上の顧客を対象とした保険会社への期待についての調査)における消費者の声と、進歩するテクノロジーの活用を踏まえ、今後、保険会社が取りうるディストリビューション・モデルの選択肢について考察したい。


全文をPDFで読む [PDF, 485KB]


(関連リンク)