Skip to main content Skip to Footer

デジタル時代における損害保険会社の対応~来たるべき自動車保険ビジネスの大転換への備え

FSアーキテクト Vol.42:デジタルテクノロジーの影響で、大きく変わっていく自動車保険ビジネスに備えて、損害保険会社に求められるこれからの対応について考察します。
石﨑 友和

金融サービス本部
シニア・マネジャー
石﨑 友和


あらゆる業界で、デジタルテクノロジーに対する対応が急速に進んでいる。これまでのデジタルプレイヤーによる既存市場への浸食に注目が集まった段階から、既存大企業も加わり、デジタルテクノロジーを取り込んで自社や業界をいかに変革していくかという本格的な実施段階に入ったと考えられる。

製造業のトップに君臨する自動車産業においても同様で、自動車メーカー、デジタルプレイヤー、その他各社から毎月のようにデジタルテクノロジーを活用した対策や方針が発表されており、デジタルへの対応が本格化していることが伺える。

このような状況を踏まえ、本稿では、デジタルテクノロジーの影響で、大きく変わっていく自動車保険ビジネスに備えて、損害保険会社に求められるこれからの対応について考察していきたい。


全文をPDFで読む [PDF, 443KB]


(関連リンク)