Skip to main content Skip to Footer

邦銀のグローバル化に向けて~ガバナンスモデル、現地社員のグローバル活用

FSアーキテクト Vol.38:事業会社の海外展開の支援、また自身のグローバル化が経営プライオリティの中でも重要な位置を占める現在、外銀・他業種の例を用いつつ、邦銀の将来像を考察します。



金融サービス本部
シニア・マネジャー
白石 善彦


円安による輸出産業の業績伸張、それに伴い銀行業の海外支店における業績も好調な推移を見せている。

少子化により国内需要の大幅な増加が長期的に見込めない中においては、中長期を見据えた事業会社の海外展開の支援、有力な海外投資先の買収・業務提携、また自身のグローバル化が経営プライオリティの中でも重要な位置を占めるのは明白である。

また中小企業の海外進出に伴い、各地銀も海外支援業務を拡大させている。今までに幾度か日本企業の海外進出の波はあったが、中小企業も含めた空前の規模、待った無しのグローバル化時代に突入したといえる。

グローバル化といっても幾つもテーマがあるが、今回はそのうち「ガバナンスモデル」、「現地社員のグローバル活用」について外銀・他業種の例を用いつつ、邦銀の将来像を考察したい。


全文をPDFで読む全文をPDFで読む [PDF, 332KB]


(関連リンク)