Skip to main content Skip to Footer

2014年の国内外経済を占う

FSアーキテクト Vol.32:2014年の国内外経済の見通しを踏まえ、新しいテクノロジーの活用、グローバルベースの規制強化への対応、リスク管理の強化など、日本経済の成長に向けて重要な点を考察します。

金融サービス本部
特別顧問
大野 英昭

大野 英昭 

最近、国際社会の日本経済に対する関心が大きく高まっている。2014年の日本経済は回復基調を維持し続けると見込まれるほか、世界経済についても米国が主たるけん引役となる形で緩やかな回復経路を辿るという姿が想定できるなど、国内外経済ともに慎重ながらも楽観的な(cautious optimistic)展望を持つことが可能である。日本経済の復活のために取り組むべき課題は決して少なくないものの、Japanの覚醒を世界に知らしめる千載一遇のチャンスが到来している。

この十数年の間に弊社日本オフィスは大きな進化と変貌を遂げており、現在では①コンサルティング・サービス、②テクノロジー・サービス、③アウトソーシング・サービスの3つの領域のサービスをバランス良く提供できる体制を整えている。

わが国産業界は長年の「守りの経営姿勢」から「攻めの経営姿勢」にモードを切り替える絶好の機会を迎えたといえる。金融機関にとっては産業界の前向きな取組をしっかりと金融面から支援していく役割が求められる。弊社日本オフィスとしては、顧客企業と二人三脚でその発展を実現し、ひいては日本経済の新たな成長に貢献できればとの気構えでいる。

本稿では、2014年の国内外経済の見通しを示した上で、日本経済の新たな成長の実現に向けて重要と思われる点を述べてみたい。

(関連リンク)