Skip to main content Skip to Footer

グローバル事例にみる保険会社の異業種参入

FSアーキテクト Vol.30:保険会社の異業種参入に関するアクセンチュアの論考。本稿では、海外先進事例の紹介を踏まえ、収益源の多様化を目指す保険会社の異業種ビジネスの可能性について考察します。

金融サービス本部 戦略グループ
シニア・マネジャー
主に保険業界に対する全社改革、経営・事業戦略
立案、マーケティング・オペレーション改革を担当
大喜多 雄志
大喜多 雄志

国内の保険市場において、生存保障や企業リスクへの対応等、潜在的な成長余地は一定程度想定されるものの、長期的には少子高齢化トレンドを受けた人口減少による縮退は回避し難いと考えられる。

そのような国内市場で安定的な成長を実現していく上では、既存顧客に対する本業シェアを上げていくという点に加え、本業以外の収益源を確保する視点が求められるのではないだろうか。

現行の規制下において一定の制約はあるものの、ここでは海外先進事例のご紹介を踏まえ、保険会社としての異業種ビジネスの可能性について考察したい。

(関連リンク)